日本人が「気」の伝統を忘れるのはもったいない!? 【オフィスで役立つ『風水』基礎知識】

写真拡大

前回、「気」に関して突然書いてしまいましたので、今回はわたくしの考える「気」について少し書かせていただきます。

作家の五木寛之さんが、著書の中で次のように書かれています。

どう思われますか?

わたくしもまだまだよくわかりませんが、「気」というものについて、かなり的確に表現されている文章なのではと思います。

実際、この世の中で科学で解明されている物事など、ほんの一握り。全体の数パーセントにも満たないでしょう。

つまり、逆に言えばこの世の中のことなんて、実はほとんどがまだわかっていないのです。

確かに、そう考え始めると、生命が存在していることそれ自体が謎であります。

ただ、わたくしたち日本人は、「気」というものに関しては、世界でも進んだDNAを持っている民族なのではないかと思います。

なぜなら「元気」「病気」「勇気」「本気」「気合」「気分」「気質」「雰囲気」等々、日本語(もちろん本家の中国語も)には「気」のつく言葉が数限りなくあるからです。

それだけ、古来「気」を身近なものとして感じてきたのです。

そんな東洋に対して、西洋には「気」にあたる言葉はありません。

しかし明治時代以降、ある意味「科学第一主義」の西洋文明を積極的に取り入れてきたせいで、わたしたち日本人もどうやら「気」のことを忘れかけているようなのです。

日本人が古来より持っているこのDNAを無視して過ごすというのは、何だかもったいないと思いませんか?

風水は、この見えない「気」というものをコントロールし、良い運を呼び込み、快適に暮らすための学術体系。

わたくしも風水の最初の印象は、多くの方と同じく「怪しい」ものでしたが、それに気付いたとき、取り入れられることは取り入れてみようと思った、というわけです。

また「気」についてはいつか書かせていただきますね。