タバコと肺がんの関係にカラクリ

ざっくり言うと

  • 禁煙運動が始まった90年頃の喫煙者数は約3000万人で、肺がん死率は0.1%程度
  • 現在の喫煙者率は減少したが、肺がん死の割合は増加傾向だという
  • データでは、喫煙が肺がんの原因だとはいえないと筆者は指摘している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング