<ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ 初日◇9日◇茨城ゴルフ倶楽部 西コース(6,669ヤード・パー72)>
 茨城県にある茨城ゴルフ倶楽部西コースを舞台に国内女子メジャー初戦「ワールドレディスサロンパスカップ」が開幕。インビー・パーク(韓国)、フォン・シャンシャン(中国)、リュ・ソヨン(韓国)など世界ランク上位の強豪たちが参戦するぶ厚いフィールドの中で初日6バーディ2ボギーの“68”をマークした藤田幸希が首位タイの好スタートを切った。
 前半から4連続バーディを奪うなど快調なゴルフを見せた藤田。しかし前日の朝から38度の熱を出すなどひどい風邪だったようで記者たちの質問に答える時も度々鼻をすするなどかなり辛そうな様子だった。「体調は最悪です。鼻も出るし、喉も痛くてしんどかったです。薬が切れた終盤はかなりきつかったですね」と別の意味で我慢するラウンドになったようだ。
LIVE写真館で試合をチェック
 しかしゴルフは好調そのもの。“逆に力が抜けて良かった”と話したショットはかたく速いメジャー仕様のグリーンを的確にとらえてチャンスを演出。さらに「プロアマの前夜祭で佐伯さんパットのことを相談したんです。練習方法などを教えていただいてとても参考になりました」と佐伯三貴のアドバイスにより、今季不調だったパットが開眼。ショットとパットがしっかりと噛み合い初日首位タイという好スタートにつながった。
 「とりあえず今日は良かったので、明日への貯金ができたと思っています」と話した藤田。熱こそ今朝の段階で37度ほどまで下がったようだが、全快まではほど遠い。やはりこれから3日間戦っていくことへの不安の方が大きいだろう。「今日はあまり練習らしいことはできないと思うので、よく食べて薬飲んで休みたいです」今大会は4日間の長丁場、まずはしっかり体を休めて体調を出来る限り戻して明日以降のプレーに備えてほしい。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
横峯さくらが逆転で復活V!「やっとここに帰ってくることができました」
横峯さくらの復活優勝を支えた2つの“強さ”
AKB48 山内鈴蘭のナンでもやってやろう!
ゴルフが好きな美人が集合 美ゴ女を見てね
各ツアー賞金ランキング