トヨタ、高級車「センチュリー」を一部改良して発売

写真拡大

トヨタ自動車は9日、高級車「センチュリー」を一部改良して発売した。価格は1,219万円。

今回の一部改良では、地上デジタルTVチューナーを4チューナーに増強して受信性能を向上させるとともに、リモコン受光部を前席にも設定して操作性を高めている。また、フロント&リヤドア(除くクォーターガラス)にスーパーUVカットガラスを採用し、フェンダーミラーの鏡面曲率を変更して視認性も向上させたとのこと。

エンジンは5.0Lの1GZ-FE(V型12気筒DOHC)、トランスミッションは6 Super ECTを採用し、フロアシフトとコラムシフトが用意されている。駆動方式は2WD(FF)で、乗車定員は5名。