最新のおもちゃが3万点以上! 東京ビックサイトで「東京おもちゃショー」

写真拡大

日本玩具協会は6月15日・16日に、52回目となる国内最大規模のおもちゃ見本市「東京おもちゃショー2013」を東京ビッグサイトで開催する。

今回のテーマは“おもちゃで世界を笑顔に。”。おもちゃを通じて世界の子供たちに笑顔を届けることを願い、146社(国内:129社 海外:17社。4月8日現在)の企業が約3万5,000点のおもちゃを展示する。出展企業は自社製品をアピールするために、同イベントの開催に併せて最新おもちゃを出品するため、2013年のトレンドが分かるという。

会場では「日本おもちゃ大賞2013」の受賞おもちゃを見ることができ、エデュケーショナル・トイ部門、ボーイズ・トイ部門、ガールズ・トイ部門など、部門ごとの受賞作品を特別スペースに展示する。

また、「キッズライフゾーン」には、子供に関連する各分野の企業、団体が集結。子供たちの心と身体の豊かな成長のために、おもちゃの枠を超え、衣・食・住様々なジャンルから出展者が参加する(参加予定は15社・団体。4月8日現在)。

その他、親子で楽しめる、東京おもちゃショーならではの大人気キャラクターショーも開催する。また、一部のブースでは、おもちゃの物販も行う。実際におもちゃに触れ、体験しできる未就学児向けの「キッズパーク」や、軽食を食べるスペースや休憩できるスペースも設けている。

同イベントは、東京ビッグサイト 西展示棟 1〜4ホールで、6月15日(9時〜17時)・16日(9時〜16時)に開催。入場無料。詳細は公式サイトでも案内している。