同じ「トム」でもこんなに違うのね!
 - (左)トム・ハンクス(右)トム・クルーズ

写真拡大

 米雑誌リーダーズ・ダイジェストが「最も信頼できるアメリカの人々100人」ランキングを発表し、俳優のトム・ハンクスが1位に選ばれた。2位にはサンドラ・ブロックが、3位にはデンゼル・ワシントンが選出されており、ハリウッド俳優がトップ3を占める結果になった。

 同ランキングは、リーダーズ・ダイジェストが独自に行なった調査を基にしたもの。テレビや映画に出ている有名人を対象に、「信頼できる人」を選出した。1位に選ばれたトムは、その知名度と比較してゴシップ誌に取り上げられることの少ないことなどが評価された。また、『フォレスト・ガンプ/一期一会』『プライベート・ライアン』で演じたキャラクターも彼の印象を良くすることに一役買っているようだ。

 一方で、俳優陣の中で最も信頼できない人に選ばれてしまったのは、トム・クルーズ。その奇行がゴシップ誌をたびたび騒がせていることがイメージダウンにつながってしまった。また、「トワイライト」シリーズのクリステン・スチュワートも、昨年の不倫騒動が尾を引いて女優の中で最下位となっている。(編集部・福田麗)