【セキュリテ被災地応援ファンド】1年で10億円/1口からの出資者が多く、平均すると1人3口。広い層から出資を集めている。資金は設備投資や仕入れ代金に回される。写真は参加企業の商品の一部。(ミュージックセキュリティーズ=写真提供)

写真拡大

■資金殺到「被災地ファンド」:「寄付+投資」が共感呼ぶ

「セキュリテ被災地応援ファンド」の募集総額が10億円を突破した。調達額は7億9000万円。出資者は延べ2万3000人に達している(12年8月21日時点)。

東日本大震災で施設や商品に甚大な被害を受けた事業者に対し、復興のための資金を提供するのが目的だ。11年4月に6社・6本でスタートし、1年強で34社・35本に拡大した。うち満額に達し募集を完了したファンドは20本。

運営会社はミュージックセキュリティーズ。レコード会社に所属しない独立系のミュージシャンを支援するマイクロファンド事業からスタートし、07年からは酒蔵やレストランなどへ支援の対象を広げてきた。ネットで手続きができることや1口1万円から5万円という手軽さに加え、思い入れのある特定の音楽や商品に出資できることから、従来の「投資家」とは少し異なる層を掘り起こしているのが特徴だ。

といっても、ネット経由であることや、「思い入れ」をキーワードにしていることから、出資者の中心は30〜40代の男性だった。

ところが、セキュリテ被災地応援ファンドの場合は、出資者の「地域・性別・年齢にあまり偏りがない」(ミュージックセキュリティーズ証券化事業部の神谷亘氏)という。投資する層の幅がさらに広がっているのである。

人気の秘密はどこにあるのか。

「被災地応援」をうたっているだけに、同ファンドは額面1万円のうち半分の5000円が出資金で、残り5000円は寄付(応援金)である。

当該事業の売り上げから数%の分配金を受け取る仕組み。ほかに酒や商品がもらえるとか、現地ツアーやイベントに参加できるといった特典がつく。なによりも、出資と寄付を合体させ、未曽有の災害からの復興を手助けしたいという「想い」を形にできたことが大きいだろう。

プロジェクトの立ち上げも早かった。

最初の6本の募集を開始したのは、震災から1カ月半しか経っていない11年4月25日。東京の音楽業界からスタートしたカタカナ名前の会社が、東北の地場産業に受け入れられるには本来なら相当の時間が必要だ。

「こいつら何者だ?」と警戒されながらも、いち早く現地企業の理解を得られたのは「ツイッターで知り合った宮城県職員の方が熱心に仲介してくれた」(神谷氏)からだ。

しかし、震災直後から被災地を訪れ、復興の仕組みを説いた同社スタッフの使命感がなければ、このタイミングでのスタートはありえなかった。志が市場を切り開いたのだ。

■被災で灯がともった「シャッター商店街」:被災したからチャンスがある

福島県いわき市の「シャッター商店街」に灯がともった。空き店舗ばかりで活気をなくしていた飲食店街を、地元出身の起業家らが改装のうえ「夜明け市場」と命名、震災で店をなくした人たちの再出発の場にしたのである。震災から8カ月後にオープンし、現在は居酒屋など8店舗が営業。災禍を糧に、街ににぎわいをもたらしたのだ。

同様の例は東北の沿岸各地にぽつりぽつりと現れている。たとえば、悪魔のような大津波に市街地の大半を破壊されてしまった岩手県陸前高田市。高台の市役所仮庁舎近くに、野菜直売所や飲食店が集まる一角がある。中小企業基盤整備機構が整備し、事業者に貸し出している仮設店舗の商店街だ。

外装に仮設らしからぬ煤材を使い、ひときわ目立つのが居酒屋「車屋酒場」。12年2月、この町で被災後初めて店先に提灯をともした店である。店主の熊谷栄規は、念入りに内装をこらした昭和レトロ調の店内で「どうせやるなら『仮設』くささをなくそうと思ってね。非日常、異空間を提供するのが酒場ですから」と持論を述べる。

生まれ育った市内高田町で同じ屋号の居酒屋をやっていた。津波のせいで店も家もクルマも流されてしまったが、親子4人の命は助かった。消防団員でもある熊谷は、そのあと、遺体の捜索に加わり、たくさんの顔見知りを泥の中から引き揚げた。高田はひどい状態だった。だから、「しばらくは自分の商売なんか考えられなかった」という。

●カリスマに学ぶ「ワタミ塾」

その熊谷に元気を吹き込み、もう一度店づくりをしたい、という気持ちにさせた人物がいる。震災後、陸前高田市参与に就任していたワタミ会長の渡邉美樹だ。

「5月に仮設住宅の視察ということで俺の家に来てくれたんです。そのとき『同業者じゃないか。バラックでいいから、もう1回やろうよ』といってくれて。でも町の将来像が見えないし、中学と高校の息子たちを抱えてこれからカネもかかる。『気持ちはあっても踏み出せない』と答えました。すると会長は『わかった。自分のやるべきことが見えてきたよ』というんですね」

渡邉が企画したのは、小学校のグラウンドに70軒近くの屋台を並べた真夏の復興イベントだった。運営するのは地元の商店主たち。もちろん熊谷も久しぶりに包丁を握って参加した。イベントは予想以上の大盛況。

「お客さんが『すごく楽しい』っていうんです。2日間で2万円くらい使ったというおばさんもいましたね。俺たちも楽しかった。商売はこんなに楽しくて、町の人にとって必要なことなのか。それをすごく実感しました」

熊谷の店はいま繁盛しているが、将来は不透明で不安も多い。だが、逃げずにここで勝負し続けると熊谷はいう。

「貧乏したっていい。ひどい状態から立ち上がるところを息子たちに見せたい。それが教育だと思うんです」

さて、渡邉にとって「やるべきこと」はもう1つあった。地元の商店主など70人ほどを集めて、11年秋から半年間開いた経営勉強会だ。自らの経験を交えながら事業経営のあり方を説いた。そこに真っ先に申し込んだのが当時29歳だったサラリーマン、鈴木祐輔だ。

「うちは第三セクターですが、けっこう『攻めてる』会社です(笑)。この店は『高田の商品は全部買えます』ということで12年7月にオープンしました。いまのところ好調で、予算比150%の売れ行きですよ」

トレーラーハウスを改造した売店「陸前高田物産センター」の前で、にこにこしながらこう語る。大学時代にワタミの店でアルバイトをした経験があり、「渡邉会長の信者」を任じている。

鈴木が勤める陸前高田地域振興は震災で店舗や仕入れ先を失い、しばらくは会社の態をなしていなかった。なんとか売り上げを立てようとたった1人で首都圏へ商品を持ち込み、イベント会場などで販売したこともある。その苦労を鈴木は生き生きと語った。

若手社員が青空の下で伸び伸びと仕事をしている。不謹慎な言い方だが、大災害のおかげで、ここでは新しい若い芽が伸びようとしているのだ。

やはり勉強会の常連だったのが、きのこのSATO社長の佐藤博文だ。シイタケとキクラゲのハウス栽培を手がけている。2011年、味と香りのよさで一部では知られていたシイタケが渡邉の目にとまり、ワタミのメニューに加えられることになったという。

佐藤のハウスは8棟中4棟が津波に持ち去られた。しかし「被災したから、普通なら出会えない人に出会えてチャンスをもらえた。私が生き残ったということは、神様が役割を果たせといっているのでしょう」と佐藤。

現在の雇用は20人ほど。3〜5年後には、ハウスを増やして「100人を雇いたい」。あくまでも飄々と、夢を語るのである。

(文中敬称略)

(面澤淳市=文 的野弘路=撮影 ミュージックセキュリティーズ=写真提供)