「クロユリ団地」が台湾へ!

写真拡大

女優の前田敦子が5月9日、成宮寛貴とともに主演を務める映画「クロユリ団地」の公開直前イベントに出席した。前田と成宮は中田秀夫監督とともに、東京・元赤坂の豊川稲荷東京別院でのお祓いとヒット祈願を敢行。この日は、公開当日(18日)に台湾での上映が決定したことが、配給の松竹から発表された。

ファン約100人が駆けつけたイベントでは、中田監督の現場でのお茶目な様子が明かされた。成宮が「現場であっちゃんは僕の横でDVDを見ていて、俺は俺でゲームをしていたのですが、そのとき監督は踊っていました。監督のギャグを僕らが受け止め切れなくても、監督は新たなギャグで突き進んでいた」と述懐。中田監督が「僕はギャグをやりっぱなし。受けようが受けまいが、やり続けるのが信念」と明かすと、前田も「本当にお茶目な方で、本当に監督はかわいいんです」とほほ笑んだ。

台湾での上映決定についても、中田監督は「台湾は3度目。ヤムチャよ、待ってろよ! ヤムチャノチャチャチャ……」とご機嫌だ。前田は、AKB48時代に台湾へ行ったか否かをファンに確認し、「初めてだそうです!」とニッコリ。そして、「怖いもの見たさでもいいので見てほしい。人間の感情が全面に描かれているので、感じ取ってもらえたら」と語り、作品の出来栄えに胸を張った。

日本のホラーブームをけん引してきた中田監督が、「中田ホラーの集大成」と語る今作は、老巧化した団地を舞台に、現代人の抱える孤独が呼び寄せる恐怖の連鎖を描いたホラー。前田は、13年前から謎の死が続いているクロユリ団地に、そうとは知らずに引っ越してきた若い女性・明日香を演じている。

「クロユリ団地」は、5月18日から全国で公開

■関連記事
【予告編】「クロユリ団地」
「クロユリ団地」ジーンズメイトとコラボ ミノルが都内店舗を訪問
前田敦子“神映画”「雨に唄えば」をレコメン!「ジーン・ケリーになって歌いながら帰って」
「クロユリ団地」書籍化決定! 映画に先駆け恐怖の秘密が明らかに
前田敦子、子役のサプライズ登壇に飛び上がって仰天