主演映画『クロユリ団地』のヒット祈願をした前田敦子

写真拡大

『リング』シリーズの中田秀夫監督のホラー映画『クロユリ団地』(5月18日公開)の大ヒットを祈願し、5月9日に豊川稲荷東京別院で御祈祷式を開催。前田敦子、成宮寛貴、中田秀夫監督が登壇した。初の中田組について前田は「すごく楽しい現場で、オンオフがみなさんすごい上手でした」と充実感あふれる表情で語った。

【写真を見る】白いワンピースの前田敦子、全身ショットはこちら

成宮も「あっちゃんは横でDVDを見ていたり、俺はゲームをしていたり、監督をふっと見ると踊っていたりと、面白い現場でした」とコメント。現場でギャグを連発していたという中田監督について前田は「すごいおちゃめな方。かわいいんです」と笑顔で語ると、中田監督は「ギャグは受けようが受けまいが、とことんやり続ける」と宣言した。

また、孤独死というモチーフも入った本作ということで、孤独についての質問が。前田は「プライベートで孤独は感じたことがないけど、現場では孤独を少なからず感じて演じようとしました。でも、引きずったりはしなかったです」と語った。成宮は「僕はけっこうひとりぼっちです。予定を前もってあまり立てない方で、仕事が終わって、今日の晩御飯どうしよう?って思ったり」と苦笑い。

その後、劇中で主人公・明日香を追い詰める孤独な少年“ミノル”を祓うのと、ヒットを祈願して、大入袋に入った清め塩をファンたちに撒いた3人。日本で初日の5月18日(土)に、台湾での上映と舞台挨拶も決定し、前田たちも参加するとか。日本でもアジアでも大いに盛り上がる初日となりそうだ。【取材・文/山崎伸子】