職場で女性がドン引きした男性のファッションとは -「胸毛見えた」「肌着」

写真拡大

スーツは素敵なのにネクタイの柄がなんだかダサイ……。よーく見てみたら靴下も変な色!! 今回はマイナビニュース会員のうち独身女性200名に、職場でドン引きした男性のファッションについて聞いてみた。

Q.職場で男性のファッションにドン引きしたことはありますか?

はい 36.0%

いいえ 64.0%



Q.(「はい」と答えた方にお聞きします)どんな人のどんなファッションでしたか?ドン引きしたのはどうしてですか?

■シャツの着こなし

・「紫のシャツ……どこに売ってるんだ」(30歳女性/医療・福祉/事務系専門職)

・「すごく太っている営業がワイシャツの襟を立てていた」(32歳女性/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「シャツの胸元を開けすぎて胸毛が見えていた」(30歳女性/自動車関連/事務系専門職)

・「ピンクの似合わない男性がピンク色のシャツを着てきたとき」(23歳女性/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)





■バカンス気分

・「アロハシャツやカッコつけたベスト」(26歳女性/情報・IT/技術職)

・「まるで下着のような半ズボンをはいてきたとき」(26歳女性/食品・飲料/技術職)

・「靴下をぬいでサンダルをはいていたから」(29歳女性/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「ショートパンツをはいていて、おいおいと思った」(26歳女性/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「いくら服装にゆるい会社だからと言ってビーチサンダルはないと思った」(28歳女性/自動車関連/技術職)





■気になる靴下

・「靴下が変な色」(33歳女性/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「同僚が白いスニーカーソックスをはいていた」(24歳女性/商社・卸/技術職)

・「スーツなのに靴下がキャラクターもの、チラっと見えて引いた」(28歳女性/商社・卸/事務系専門職)

・「白い靴下、統一性がないし野暮ったいしダサいから」(30歳女性/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「後輩男子(ゆとり)の靴下が、何柄とも表現しにくい謎の柄だった」(31歳女性/金融・証券/秘書・アシスタント職)





■透けています

・「肌が透けるようなTシャツ、他人から見て恥ずかしい」(26歳女性/電機/技術職)

・「汗びっしょりで下のランニングシャツとか、明らかに肌着とわかるものが透けていたとき」(25歳女性/金融・証券/事務系専門職)

・「暑いからと肌着になって仕事をし、パートさんたちからバッシングを受けていた」(37歳女性/運輸・倉庫/技術職)





■ネクタイが……

・「ネクタイの柄がホントに変だった何年前の?っていう柄」(29歳女性/金属・鉄鋼・化学/営業職)

・「変な柄のネクタイや濃すぎる色のシャツ」(25歳女性/金融・証券/事務系専門職)

・「いくら服装自由でも蝶ネクタイはフリーダムすぎ」(29歳女性/マスコミ・広告/秘書・アシスタント職)





■ラフすぎる

・「腰パン……学生か、と思いました」(28歳女性/その他/事務系専門職)

・「草むしりをするからラフな格好でいい、と言ってたとはいえ、Tシャツに短パンはラフすぎでしょ」(24歳女性/小売店/販売職・サービス系)





■休日出勤で

・「普段はスーツなのに、休日出勤したときの普段着が毎週おんなじだった」(40歳女性/小売店/販売職・サービス系)

・「上司が休日出勤する時、昔流行ったかのようなジーパンにジージャン姿で現れた」(26歳女性/学校・教育関連/専門職)