ブラックだけじゃない! 富山県が誇るカラフルなご当地ラーメンたち

写真拡大

富山のラーメンと言えば「富山ブラック」が有名だが、それに続けとばかりにここ数年、「入善(にゅうぜん)ブラウンラーメン」「入善レッドラーメン」「おやべホワイトラーメン」と新しいご当地ラーメンの誕生が相次いでいる。ラーメン通が多い富山県で盛り上がる新ラーメンとかいかなるものか、取材してみた。

「富山ブラック」は、戦後まもなく、食欲旺盛(おうせい)な若者や汗をかく肉体労働者のために作られたしょう油ベースの真っ黒なラーメン。塩味のきいた麺とスープを白いご飯と一緒に食べるのが富山流。ピリ辛風味があとを引く独特のうまさで、富山名物のひとつになっている。

そんな「富山ブラック」に続くご当地ラーメンとして、2010年に誕生したのが「入善ブラウンラーメン」だ。入善町は富山県東部にある日本海に面した人口約3万人の小さな町。町の花である「チューリップ」、日本一大きい言われる「入善ジャンボ西瓜(すいか)」の他、「海洋深層水のまち」としても知られている。

「海洋深層水」とは、深水300メートル以下の海水のこと。浅瀬が短く急激に深くなる富山湾は深層水の宝庫。中でも入善町はミネラルが豊富で良質な深層水に恵まれている。「入善ブラウンラーメン」は、そんな入善深層水を練り込んだ中太麺と、入善産の秘伝のみそにえびのエキスを加えた濃厚なスープからなる、入善ならではのラーメンだ。

仕掛け人は、入善町商工会青年部の有志。数年前からご当地ラーメンの開発に取り組んでいたが、とある式典で試作中だったブラウンラーメンをふるまったところ、「おいしい」「また食べたい」と予想以上の反響が集まり、商品化のための合同会社「善商(ぜんしょう)」を立ち上げて販売を開始した。

現在、入善町内を中心に約20の飲食店で提供中。ラーメン店を始め、居酒屋、食堂、バーなどで、それぞれの店の味にアレンジされている。

例えば、ラーメン店「王虎(ワンフー)」の滑川店・入善店では、特製みそであぶったチャーシューと、えび粉を加えて風味を高めたブラウンラーメン(700円)を展開。公衆浴場「らくち〜の」の食事処では、石焼きの器の上で麺をジュッと焼いてからスープと具を乗せる石焼き風ブラウンラーメン(780円)が楽しめる。どちらも地元のリピーターを中心に人気だという。

また、手軽な袋入りの商品も充実。家庭用(2食入り650円)、お土産用(3食入り1,200円)、贈答用(6食入り2,500円)の3種類あり、入善市周辺のスーパーやサービスエリアで購入できる他、善商のホームページから取り寄せもできる。

実際に食べてみると、ブラウンラーメンの一番の特徴である濃厚なみその香りが感じられ、本格的な味を堪能できる。ちなみに、お土産用は高級感あふれるパッケージで、容器に再利用可能なみそ樽を使用していることもあり、新しい富山土産としても注目を集めている。

「入善ブラウンラーメン」が好評を集める中、続く新グルメとして「入善レッドラーメン」も登場した。これは入善深層水を加えた塩味のスープに、地元産の唐辛子を練り込んだ中太麺を加えた一品。スープに唐辛子が入っていることはよくあるが、麺に練り込んであるのは珍しく、赤い麺が特徴だ。

味の方は、唐辛子が効いていてピリリとする。一皿食べると身体がカーッと熱くなるが、「辛くてうまい」「クセになる」と人気拡大中だという。この「入善レッドラーメン」も、入善町内ラーメン店、居酒屋などで提供されている他、県内スーパーなどで家庭用(2食入り650円)が販売されている。ピリ辛ラーメン好きの人におすすめしたい。

県東部の入善に続いて県西部の小矢部(おやべ)市でも、2012年に新しいご当地ラーメンが誕生した。それが「おやべホワイトラーメン」だ。小矢部市商工会青年部が1年かけて開発に取り組んだ。小矢部市は人口3万人、自然豊かで牧歌的な景色が広がる小さな町。その街並みになじむように、欧州風のメルヘンな建物が多いことでも知られている。