”物価高”って本当にいい事?--キューピー、7月からマヨネーズを最大9%値上げ

写真拡大

キューピーは8日、原料となる食用油の価格上昇を受け、家庭用・業務用のマヨネーズ関連商品を7月1日出荷分から約2〜9%引き上げると発表した。

同社によると、2013年1〜3月の食用油の価格は2009年5月に比べて約1.4倍となり、今後さらに上昇する見通しだという。また、食用油以外の原資材価格も値上がりしていることから、現状価格での販売が困難になり、今回の価格引き上げを決定したとしている。

値上げ対象商品および価格改定率は、マヨネーズが約4〜9%、マヨネーズタイプが約2〜4%、タルタルソース、サンドイッチスプレッドが約3%。主な家庭用商品では、現在357円(税抜参考小売価格、以下同)の「キューピー マヨネーズ 500g」が382円に、329円の「キューピーハーフ 400g」が342円に値上げされる。

なお、「キューピーライト」「キューピーディフェ」およびドレッシング各商品については、価格を据え置く方針だ。