ヘビと記念撮影した川栄李奈

写真拡大

AKB48きっての“おバカ”キャラとして注目度急上昇中の川栄李奈が5月8日、海上パニック映画「シー・トレマーズ」の試写会に特別ゲストとして出席。写真撮影では、本物のヘビを前に「ヘビみたい!」と語るなど、期待通りの“おバカ”コメントを連発した。

映画では、インドネシアの海に太古の生命体の調査に訪れた海洋生物学者や、地元の密漁者らを襲う謎の巨大生物が出現する。この日は、“ポスト・ムツゴロウ”とも言われる動物学者のパンク町田氏も来場し、AKB48の学力テストで最下位の“バカセンター”を獲得した川栄に、危険な海の生物についての講義を行った。

川栄は、映画の感想を「見ていて痛かったです。ガッとなったらガッとなっていました」と意味不明な発言で場内は失笑。バイオレンスな描写が多い本作だが、川栄は「めちゃ×2イケてるッ!」での学力テストでの最下位について「ダメージが大きすぎて……。地上波でバカがばれちゃいました。他のメンバーにも指差されて『バカだ』って言われます」と思わぬ余波を明かした。

単独でのイベント出演は、今回が初めて。報道35社が来場したが、同時刻にトム・クルーズの来日イベントが開催されており「皆さん、トムさんはいいんですか? 想像では1人くらいかなと思っていたので『ウソだろうが!』って感じです」と学力テストで最下位を宣告されたときの名ゼリフで喜びを表現。満足度は「90%」と語ったが、10%のマイナス部分については「海の生物なのでそこは10%」と最後まで意味不明なコメントで噂に違わぬおバカぶりを披露した。

「シー・トレマーズ」は5月11日から公開。

■関連記事
【作品情報】「シー・トレマーズ」
松田龍平、インドネシア発「ザ・レイド2」で外国映画初出演!遠藤憲一&北村一輝も参戦
インドネシア映画をけん引するリリ・リザ監督、分断後のティモールを描いた新作を語る
初の組閣、終身名誉研究生がソロデビュー、卒業組の涙…SKE48濃密な春コンサート2日間
「AKB48」が集英社文庫「ナツイチ」15代目キャラクター就任 読書感想文も発表