スプーンを持つ道端アンジェリカさんと水道橋博士

写真拡大

モデルの道端アンジェリカさんとタレントの水道橋博士が2013年5月8日、都内で開かれた森永乳業のヨーグルトに関するイベントに出席した。

「スプーン1杯(30グラム)の摂取でも整腸作用がある」

同社の最新の研究によって確認された、「ビフィズス菌 BB536を含むヨーグルトは、スプーン1杯(30グラム)の摂取でも整腸作用がある」ということなどを学ぶクイズに2人は挑戦した。

また、ワンスプーンのヨーグルトを生活に取り入れるためのコツを、ヨーグルトを使ったレシピの実演などで体験。道端さんは「ヨーグルトとあわせるものと言えば甘いものと考えていました」と驚きを隠せない様子だったが、「ピリ辛中華だれ」をかけた冷奴を食べて、「ヨーグルトのまろやかさでピリ辛が引き立つ」と笑顔を見せた。水道橋博士は、道端さんが作った「薬味ぽん酢だれ」をかけたから揚げを口にして、「から揚げがいっぱいあると飽きるけど、たれをかけるとあっさりしていて美味しい」と感心していた。

ビフィズス菌 BB536を含むヨーグルトについての体験を終えた2人には、巨大なスプーンの形をした「卒業証書」が授与された。

最後にヨーグルト「ワンスプーン」スタート宣言として、道端さんは「毎朝、ワンスプーンのヨーグルトを生活に取り入れることを宣言します」と意気込みを語った。

水道橋博士の宣言内容は、「家族一緒にワンスプーンのヨーグルトをあーんしながら楽しむこと」だった。