リカルド・ティッシ、オペラ座公演「ボレロ」衣装をデザイン

写真拡大

 「Givenchy by Riccardo Tisci(ジバンシィ バイ リカルド ティッシ)」のアーティスティック・ディレクターRiccardo Tisciが、初めてバレエ・コスチュームのデザインを手がけた。現在、パリ国立オペラ座で公演されている「Boléro(ボレロ)」で着用されている。

リカルド・ティッシが「ボレロ」の衣装デザインの画像を拡大

 「バレエ衣装をデザインすることは、デザイナーとしてのひとつの夢です」と語る Riccardo Tisciだが、これまでも何度かバレエ衣装制作のオファーはあったものの決心がつかず、その夢は実現していなかったという。今作の衣装デザインを手がけた理由について「まず第一に、世界で最も大きなオペラ劇場でありフランスを象徴する施設であるオペラ座バレエ団芸術監督のブリジット・ルフェーブルから直々に依頼されたということを、イタリア人としてとても誇りに思っています。次に、演目がボレロであるということ。特に今作はマリーナ・アブラモビッチによる舞台デザインからシディ・ ラルビ・シェルカウィとダミアン・ジャレによる振り付けに至るまで、奇才で個性的なクリエーター集団による素晴らしいプロジェクトだったということも理由のひとつです」と語っている。

 Riccardo Tisciがデザインした「ボレロ」の衣装には、「ダークネス」と「ロマンティシズム」の要素を反映させた。ダンサー達は、身体全体をぴったりと覆うキャットスーツを着用。ベースとなるチュール素材には、ホワイトレースの刺繍で身体の骨のようなスケルトン模様が描かれており、錯覚によりヌードのように見える。Riccardo Tisciは、「踊るスケルトンは、強く、そしてまた同時に繊細に表現されています」とコメントしている。