MRI社長 詐欺容疑で告訴する方針

ざっくり言うと

  • MRIインターナショナルには顧客から預かった巨額の資産を消失させた疑いがある
  • 被害弁護団は8日、米国本社の社長を告訴する方針を明らかにした
  • 8日に会見した山口広弁護団長は「被害回復に尽力したい」と話している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング