ブラノミクスで景気回復?

写真拡大

下着メーカーのトリンプ・インターナショナル・ジャパン(東京・中央区)が恒例の世相をテーマにしたオリジナルのブラジャーを発表した。2013年は安倍内閣が打ち出した経済政策「アベノミクス」をもじった「『ブラノミクス』ブラ」(非売品)。「3本の矢」になぞらえたデザインだ。

5月8日から東京都中央区の浜離宮三井ガーデンカンファレンスで公開されている。

「3本の矢」になぞらえたデザイン

アベノミクスは「金融緩和・財政出動・成長戦略」の3本の矢が柱となっているが、ブラノミクスは「美・富・知」がポイント。美しさを磨いて女子力アップ、金運回復、新しい自分の可能性への投資の意味がこめられている。

着物風のブラジャーと巻きスカートのセパレートタイプで、景気回復をイメージした金運アップの黄色を基調としている。お腹の部分には3本の矢がつけられ、弓道の的が腰元にすえられるなどアベノミクスを意識したデザインで、ブラジャーにはバストサイズが「2%」アップするパッドが使われている。これももちろん物価上昇の目標数値にひっかけたもの。

浜離宮三井ガーデンカンファレンスで5月9日まで公開した後は、全国の百貨店での展示を予定している。