2010年大会チャンピオンのプレッセルが2度目の優勝を狙う(撮影:ALBA)

写真拡大

<ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ 事前情報◇8日◇茨城ゴルフ倶楽部 西コース(6,669ヤード・パー72)>
 茨城県にある茨城ゴルフ倶楽部・西コースを舞台に、国内女子メジャー初戦「ワールドレディスサロンパスカップ」が開催される。
前夜祭にドレスアップした女子プロが集結!
 今大会には昨季の米女子ツアー賞金女王で現在世界ランク1位に君臨するインビー・パーク(韓国)や韓国女子ツアー2年連続賞金女王のキム・ハヌル(韓国)、米女子ツアー「ISPSハンダ・ニュージーランド女子オープン」で優勝したアマチュアのリディア・コ(ニュージーランド)など世界中から強豪が集結。“ワールドレディス”の名前に相応しい分厚いフィールドとなっている。
 そんな海外勢の中でも注目を集めるのは4年連続の出場となるモーガン・プレッセル(米国)。プレッセルは2010年大会での優勝をはじめ、2011年の6位、2012年はプレーオフ敗退の2位とコンスタントに上位進出を果たしている。
 プレッセルは今大会出場について「また今年も来られて本当に嬉しいです」と笑顔。「本当に素晴らしいトーナメントだと思います。昨年は惜しくもプレーオフで敗れましたが、それも含めて毎年いい思い出しかないですね」と大会の印象を話した。直近の2試合で予選落ちを喫するなど米女子ツアーで思うようなプレーができず苦戦の続いているが、今大会で2度目の栄冠をつかみ浮上のきっかけとすることができるか注目だ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>