全高は30ミリアップ

写真拡大

ボルボ・カー・ジャパンは2013年5月7日、「V40」シリーズに「V40 クロスカントリー T5 AWD」を設定し、発売した。車両本体価格は、359万円。

コントラストきかせた専用バンパー

エクステリアの一部にグラファイトカラーを取り入れ、ボディカラーとのコントラストをきかせた前後の専用バンパー&スキッドプレートのほか、フロントグリルには専用のクロームグリルフレーム&ハニカムメッシュ・グリルを用意した。全高は、ベースとなる「V40」比で+30ミリとなる1470ミリ。ハルデックス製の最新第5世代AWD(四輪駆動)システムを備える。

パワーユニットは、アイドリングストップ機能付き2.0リッター直列5気筒ターボエンジン。最高出力は213馬力、最大トルクは300ニュートンメートルを発揮し、スポーツモード付き6速オートマチックトランスミッションとの組み合わせにより、燃費は12.4キロ毎リットル(JC08モード)を実現した。

自動ブレーキシステム「シティ・セーフティ」を標準装備するほか、インテリアカラーは標準のT-Tec/テキスタイルシートで6種類、オプションの本革シートで8種類のカラーコンビネーションから選択可能だ。