『キャプテンハーロック』声優決定ポスタービジュアル ©LEIJIMATSUMOTO/CAPTAIN HARLOCK Film Partners

写真拡大

松本零士原作のCGアニメ映画『キャプテンハーロック』の公開日が9月7日に決定。また、声優陣も発表された。

【もっと写真を見る】

『銀河鉄道999』『宇宙戦艦ヤマト』などで知られる松本が原作総設定を手掛けた同作は、、荒牧伸志がメガホンをとり、小説『終戦のローレライ』などで知られる作家・脚本家の福井晴敏と竹内清人が脚本を手掛けるSF作品。人類が宇宙に進出した未来を舞台に、かつては戦艦を率いた英雄だったが、政府に反旗を翻した宇宙海賊キャプテンハーロックの物語が描かれる。今回の発表では、主人公キャプテンハーロックの声を小栗旬、ハーロックの命を狙うアニメオリジナルキャラクター・ヤマの声を三浦春馬が演じることが判明。また、蒼井優、古田新太、福田彩乃らも声の出演に名を連ねている。

今回の発表について小栗は「今回のお話をいただいてとても驚きましたが、このような大きなプロジェクトに加わることができ、とても光栄に思っています。キャプテンハーロックは昔からカッコいいイメージを持っていました。今回演じさせていただくにあたって、三浦くんと二人でリハーサルができたことで、よりお互いのキャラクターやそれぞれの関係を深く表現できたと思います」とコメント。また、原作者の松本は同作について「凄いクオリティーの作品。涙が出る程嬉しい。製作スタッフに感謝をしたい」と想いを明らかにしている。