エリック・デイン

写真拡大

『トランスフォーマー』シリーズで知られるマイケル・ベイが、製作総指揮を務める海洋アクションドラマ『The Last Ship』のシリーズ化に、米TNT局がゴーサインを出した。

『The Last Ship』は、ウィリアム・ブリンクリーによる同名の人気小説が原作。破滅に瀕した世界で、数少ない生き残りとなった米海軍駆逐艦ネイサン・ジェームスの乗組員たちを描く物語だ。パイロットの脚本は『WITHOUT A TRACE/FBI 失踪者を追え!』のクリエイターであるハンク・スタインバーグと、『クローザー』の脚本を手がけたスティーブン・ケインが執筆。10話分の製作が正式に決まっており、アメリカでは2014年夏に放送される予定となっている。

出演者は、部下から慕われるネイサン・ジェームス艦の艦長トム・チャンドラーの役に、エリック・デイン(『グレイズ・アナトミー』)。世界破滅の原因を調査するため配属された古微生物学者レイチェル・スコットの役に、ローナ・ミトラ(『ボストン・リーガル』『NIP/TUCK マイアミ整形外科医』)。チャンドラー艦長と事あるごとに対立するスラッテリー副長の役に、アダム・ボールドウィン(『ファイヤーフライ 宇宙大戦争』『CHUCK/チャック』)。そして、チャンドラー艦長の妻ダリエンの役に、トレーシー・ミッデンドーフ(『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』『M:i:III』)が決まっている。

なお、マイケル・ベイ製作のTVドラマとしては、本作のほかに、ロバート・ルイス・スティーヴンソンの名作「宝島」の前日譚となるパイレーツ・ドラマ『Black Sails』が、米Starz局にて2014年1月からスタートする予定になっている。来年はマイケル・ベイの作品がドラマ界を席巻するか?(海外ドラマNAVI)



■関連記事
マイケル・ベイ監督の新作ドラマ『Occult』パイロット版製作へ
マイケル・ベイが製作総指揮を務めるアクションドラマ『The Last Ship』、パイロット製作にゴーサイン
ミーガン・フォックスの「ブスには負けない!」騒動に終止符。フランスの雑誌『JALOUSE(ジャルーズ)』が翻訳ミスを謝罪。