「沈黙」映画化に出演する渡辺謙

写真拡大

日米で活躍する俳優の渡辺謙が、巨匠マーティン・スコセッシ監督が遠藤周作の長編小説「沈黙」を映画化する「サイレンス(原題)」に出演することがわかった。米バラエティによれば、イッセー尾形の出演も決定したという。

スコセッシ監督が長年にわたり温めてきた念願の企画で、主人公の宣教師ロドリゴを「アメイジング・スパイダーマン」のアンドリュー・ガーフィールドが扮する。渡辺が演じることになるのは、その通訳の日本人。撮影地は台湾を予定しているが、日本が舞台のためイッセーのほか多くの日本人キャストが起用されることになるという。

同作は、スコセッシ監督が「クンドゥン」(1997)の次回作として企画していたが、15年以上もクランクインにいたらず、昨年8月にはプロデュースを手がける製作会社チェッキ・ゴーリ・ピクチャーズから訴えられる局面を迎えていた。それでも、スコセッシ監督が今年1月に次回作で「沈黙」を手がけると公言したことにより、大きく舵を切った。

渡辺にとっては、ハリウッド版ゴジラとしてリメイクされる「GODZILLA」(ギャレス・エドワーズ監督)に続く海外作品となる。同作でどのような役どころを演じるか現時点では未定だが、「サイレンス(原題)」とともに、今後の動向から目が離せない。

遠藤の代表作「沈黙」は、キリシタン禁制が敷かれた17世紀の日本を舞台に、ポルトガル人司祭の苦悩を描いている。撮影は、14年7月の撮入を目指す。

■関連記事
渡辺謙、ハリウッド版「ゴジラ」に出演決定!
渡辺謙「許されざる者」壮絶なロケ現場を物語る劇中写真が初公開!
マーティン・スコセッシ監督、遠藤周作「沈黙」2014年7月クランクインへ
マーティン・スコセッシ監督、ようやく遠藤周作「沈黙」に着手か?
M・スコセッシ監督、遠藤周作「沈黙」映画化の遅れで製作会社から訴えられる