新婚旅行で後悔してること--夫「カメラ忘れた」「ペアルック」「すられた」

写真拡大

成田離婚……そんな言葉が生まれたのは1990年代後半のこと。楽しいはずの新婚旅行でなぜ、悲しい男女のすれ違いが生じてしまうのだろうか? 今回はマイナビニュース会員の既婚男性200名に、新婚旅行ついての本音を聞いてみた。

「新婚旅行にはいきましたか?」という問いに対し、「はい」は64.5%、「いいえ」は35.5%だった。さらに「はい」と答えた人に、新婚旅行で後悔していることを具体的に挙げてもらった。

Q.新婚旅行で後悔していることを教えてください。



■期間が短かった

・「もう少しじっくり、ゆっくり回れたら良かった」(31歳男性/情報・IT/営業職)

・「どうせなら2週間ぐらい行けばよかった。それ以降、海外旅行に行けていません」(52歳男性/電機/技術職)

・「海外に行けばよかった。もっと思い切り長い休暇を取ればよかった」(33歳男性/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)





■お土産が少なすぎた&多すぎた

・「もっとお土産を買っておいた方がよかった」(40歳男性/小売店/事務系専門職)

・「お土産が少なすぎたこと」(48歳男性/情報・IT/事務系専門職)

・「無駄に土産を買いすぎた。自分たちのためにもっと使えば良かった」(47歳男性/情報・IT/技術職)





■もっと言葉が通じれば……

・「英会話をもっと勉強しておけば良かった」(42歳男性/電機/技術職)

・「ドイツ、スイスに行ったが、もう少し、ドイツ語が話せればよかった」(46歳男性/その他/事務系専門職)

・「もうチョット英会話を勉強しておけばよかった」(55歳男性/ソフトウェア/技術職)





■スケジュールの立て方を間違えた

・「施設の閉館日など調べて計画すべきだった」(31歳男性/不動産/専門職)

・「連休ではなく、連休外していければ、もう少しよそにも行けた」(50歳男性/情報・IT/技術職)

・「6月の北海道は少し寒かった」(34歳男性/学校・教育関連/事務系専門職)





■出費がかさんだ

・「お金をかけすぎた」(54歳男性/電機/技術職)

・「知り合いの知り合いがやっている旅行代理店にホテル、チケットを断れず任せてしまったため、やや高くついてしまった」(32歳男性/食品・飲料/技術職)





■写真とカメラにまつわること

・「カメラを忘れた」(48歳男性/団体・公益法人・官公庁/販売職・サービス系)

・「途中でデジカメが壊れてしまった」(30歳男性/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「写真をもっとたくさん撮っておけばよかったと思います。ただ当時はまだデジカメではなかったので、しょうがないと思いますが」(45歳男性/情報・IT/事務系専門職)





■旅行中のケンカ

・「ささいなことでけんかしたこと」(43歳男性/電力・ガス・石油/営業職)

・「けんかばかりしていた」(44歳男性/自動車関連/技術職)

・「旅行中に自分がヤケになってけんかになったこと」(38歳男性/その他/無職)





■避けられないトラブル

・「海外でスリにあったこと」(46歳男性/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「バンコクに行ったら、空気が悪くてぜんそくがぶり返した」(40歳男性/自動車関連/技術職)

・「飛行機酔いを起こした」(39歳男性/不動産/事務系専門職)

・「妻が初日の夜にステーキを食べ過ぎておなかを壊してしまって、次の日の旅行スケジュールが流れてしまったこと」(30歳男性/情報・IT/事務系専門職)