●大魔法使いトリクシー

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©2013 Hasbro. All Rights Reserved. Licensed by Hasbro
<キャスト>
トワイライトスパークル:沢城みゆき
ピンキーパイ:三森すずこ
アップルジャック:徳井青空
ラリティ:佐々木未来
レインボーダッシュ:橘田いずみ
フラッターシャイ:加藤英美里
スパイク:くまいもとこ
プリンセスセレスティア:井上喜久子
ナイトメアムーン:本田貴子
プリンセスルナ:内山夕実
ギルダ:渡辺明乃
トリクシー:柚木涼香

●ストーリー
主人公のトワイライトスパークルはユニコーンの女の子。
ユニコーンやペガサス、ポニーたちが暮らす平和なエクエストリアの王都キャンタロットに住んでいた。ところが、真面目で読書家のトワイライトは、女王・プリンセスセレスティア様から『本を読むばかりではなく、友情について学びましょう』と、命を受け、ベビードラゴンのスパイクをお供に、田舎の町ポニービルに行くことになり……そこで大変なことに巻き込まれてしまう!? さて、どんな面白い友達と出会うのかな? そして、友情について学ぶことができるかな?
●魔法少女トワイライトスパークル
スパイク「さあ、トワイライト。君なら出来る!」
トワイライトスパークル「じゃあ、いくよ!」


スパイクに髭が生える魔法を使ったトワイライトスパークル。何と短期間のうちに25種類の魔法を使えるようになった彼女。

さて今回のお話は…。
●大魔法使いのユニコーン、トリクシー
魔法が使えるようになったトワイライトスパークルですが…。

スパイク「でも他のポニーはもっと普通の事が得意だったりするよね!」
トワイライトスパークル「そうよ、例えばお料理とか歌とか算数とかね。それと同じようにユニコーンは魔法が使えるの。」


そこに新しいユニコーンがやって来た噂が!その名はトリクシー。彼女も魔法使いということですが…。

トリクシー「とっても素晴らしいトリクシーの息を飲むような魔法の数々!こんな魔法見た事ないでしょ!」

トリクシーは自慢げに魔法が使える事を見せびらかしてしるため、特に同じユニコーンのラリティは嫌悪感を感じている様子。

トリクシーは大熊を魔法で倒したという武勇伝を語りますが、魔法を披露する事で嫌われるのを懸念したトワイライトスパークルは静観します。

しかし、トリクシーの傲慢振りに御立腹のスパイクがトワイライトスパークルの魔法の話を出してしまい…。
●トリクシーと勝負!
トリクシー「どうかしら、貴方には出来てトリクシーには出来ない魔法があるっていうの?」
アップルジャック「もう私、我慢出来ない!」

アップルジャックはロープを使った曲芸を披露しますが、トリクシーは魔法でロープを蛇のごとく操ります。

またレインボーダッシュは飛行術を披露するも、トリクシーはレインボーダッシュを魔法で吹き飛ばしてしまいます。

スパイク「次は魔法が使えるユニコーンのマジな勝負を!」
ラリティ「分かりました。私が皆様の期待に応えましょう!」


ラリティの魔法はオシャレの魔法を使うのですが、トリクシーは彼女の青色を緑色に変化させる魔法を使うと、ラリティはギブアップ!

※個人的には緑色が悪いとは思いませんけどね!

しかし、トワイライトスパークルは魔法を使おうとはしません。
●高慢なトリクシー
トリクシーには彼女に対して下心がある取り巻きが何人かついていますが、高慢な彼女は無下に袖に振ります。

とは言え、トリクシーの魔法については信憑性に疑問が…。特に大熊退治の話は少々大袈裟な気も…。

それでも、トワイライトスパークルは、

トワイライトスパークル「トリクシーが魔法を使っていたのを嫌がっていた。だから、私も魔法を使うとみんなに嫌われるから人前で魔法を使いたくない!」

※トワイライトスパークルの煮え切らない態度に対してスパイクは…。
●トワイライトスパークル、魔法で大熊を倒す!
とある洞窟へやって来たユニコーンの男の子2人。しかし、そこには大熊が住んでいて、彼等は大熊に襲われてしまいます。たまたま居合わせたスパイクまで大熊の追撃に遭い、慌ててトリクシーの家にやってきます。

トリクシー「キャー!」

大熊を倒したはずのトリクシーですが、何故か大熊に対して何も出来ません。どうやら彼女の魔法では大熊には対抗出来そうにありません。

もはやこれまで、と思いきや!

トワイライトスパークルはここで魔法を使います。その魔法は音楽で眠気を誘う魔法、そして大熊にミルクを飲ませる魔法。

彼女のおかげで大熊を洞窟へ帰らせる事に成功。ところが、

トワイライトスパークル「お願い、私を嫌わないで!」

どうやら彼女は魔法を使うと嫌われると考えているようですが、そもそもトリクシーが嫌われたのはその性格の悪さが原因であり、トワイライトスパークルの場合は嫌うどころか魔法によってみんなに愛される存在となったのです。

そして、自らを恥じたトリクシーは何処かへ立ち去ってしまいます。

謙虚さ、それがトワイライトスパークルの魅力なのでしょう。

「マイリトルポニー 〜トモダチは魔法〜」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)


【ライター:清水サーシャ】


【関連記事リンク】
【アニメ】「マイリトルポニー 〜トモダチは魔法〜」第5話「楽しいいたずらとは?」(ネタばれ注意)
【アニメ】「マイリトルポニー 〜トモダチは魔法〜」第4話「友情は与えるだけでなく受け取る事も大切」(ネタばれ注意)【アニメ】「マイリトルポニー 〜トモダチは魔法〜」第3話「チケットより大事なもの」(ネタばれ注意)
【アニメ】「マイリトルポニー 〜トモダチは魔法〜」第2話「ナイトメアムーンの改心」(ネタばれ注意)
【アニメ】「マイリトルポニー 〜トモダチは魔法〜」第1話「孤独なポニー少女、トワイライトスパークル」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「マイリトルポニー 〜トモダチは魔法〜」TVアニメ公式Webサイト
「マイリトルポニー 〜トモダチは魔法〜」AT-X公式Webサイト