トム・クルーズ19回目の来日!超親日家エピソード4選

写真拡大

アメリカのハリウッド俳優、トム・クルーズ(50)が5月31日に公開予定の最新主演作「オブリビオン」(ジョセフ・コシンスキー監督)のプロモーションのため来日中です。

記者会見やインタビューに加え、今日の「笑っていいとも!」(フジテレビ系)の名物コーナー“テレフォンショッキング”に出演予定の彼は、大の親日家としても知られています。
それはもう「親しみ」を通り越し、「溺愛」と言ってもいいほどかもしれません。

トムの日本愛エピソードをご紹介します!

とにかく来日したがりなトム!

今回の来日は今年すでに2回目。
わずか4ヶ月前の今年1月に前作「アウトロー」でPR来日をしたばかりなので、大物ハリウッド俳優としてはとても異例なこと。

しかも、今回のPR来日は、沖縄でバカンスを楽しんだ後の東京入りだったのです。
お忍びだったにも関わらず、目撃情報がツイートされて現地では大騒ぎになっていた模様です。
街角でトム・クルーズとばったり出くわす……そりゃ、誰でも腰を抜かしますよね。

7日に行われた映画の記者会見でも「日本で映画を撮ることは夢」と語り、「日本の人々や文化は僕にとってスペシャルなもの。19回も来日しているけど、あと19回来ても構わないくらい日本が好き」と日本愛を力説していました。

通訳の戸田奈津子にお中元・お歳暮を贈る

トムの来日時には必ず、彼の友人でもある翻訳家・戸田奈津子さんが通訳として随行しています。
彼は彼女への感謝の想いを伝えるために、なんと「お歳暮」を送っているそうです。

しかも、わざわざ日本のデパートに発注し、「御歳暮 トム・クルーズ」と縦書きの熨斗までつけてもらうというから、驚きです。

日本の伝統的・庶民的なしきたりをやっちゃうハリウッドセレブ。
とてもチャーミングな彼の一面に、なんだかほっこりしますね。

ドバイ国際映画祭で「日本好き」とアピール

2011年11月「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」でワールドプレミアツアーを敢行したトムは、最初に訪れる国として日本を選びました。

その一環として12月に訪れたドバイ国際映画祭でも「日本のツアーは素晴らしかったよ。日本はいつ訪れても素晴らしい国。またすぐに戻りたい」と語ったのです。

実はこの年の3月には東日本大震災が起こっており、外国人スターの来日が激減していた時期。
そんな中でのトムの日本愛アピールには、胸が熱くなってしまいますね。

10月6日は「トムの日」に制定されている!?

10月6日は「トムの日」です。
これは、代表作の一つである「ミッション:インポッシブル:III」のDVD発売を記念して発売元のパラマウントホームエンタテインメントジャパンが申請したもの。
日本記念日協会より正式に認定され、2010年に制定されました。

「10」と「6」を「トム」と読ませる微妙な語呂合わせのようですが、ここまで来ると許せちゃいますよね。

映画を観てトムに感謝の気持ちを伝えよう!

その他にも、「空港では毎回30分以上のファンサービス」「神戸牛のおいしさをハリウッドで広めた」「被災地の人たちを試写会に招待して記念撮影」など、彼の親日っぷりを語るエピソードは枚挙にいとまがありません。

トム・クルーズ最新作「オブリビオン」は、エイリアンの攻撃を受け、荒廃してしまった2077年の地球が舞台。

地球に残された監視員ジャック(トム)と、墜落した宇宙船で発見された美女ジュリア(オルガ・キュリレンコ)との切ないラブストーリーが描かれています。

気になるかたは、ぜひ劇場に足を運んでみては?

Written by 小宮山蘭子
Photo by 映画『オブリビオン』公式サイト 5月31日(金)ロードショー