ビリー・クリスタル

写真拡大

最近、ますます注目が集まる米ケーブルTV界。ネットワーク局よりも自由度が高いため、良質なドラマが次々と生まれ、各TVドラマ賞の賞レースでも強さを誇っている。そんな熱いケーブルTV局マーケットに向けて、名優ビリー・クリスタルが米Fox TV Studios製作のコメディドラマに出演するという。

米Deadlineによると、このドラマのタイトルは未定で、ビリーは出演に加えて脚本と製作総指揮も担当するという。他にも『バーン・ノーティス 元スパイの逆襲』のクリエイターであるマット・ニックス、そして映画『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』や『ラリーのミッドライフ★クライシス』の監督ラリー・チャールズも製作総指揮と脚本に参加する。今回のドラマはヨーロッパの番組が基になっているらしく、辛口なコメディになるという。

ビリーは1970年代にコメディ番組『SOAP ソープ』に出演し、1980年代には自身のTV番組や『サタデー・ナイト・ライブ』で人気を得る。以降は主に映画に活躍の場を移しているが、アカデミー賞授賞式の司会としてTVに登場していた。2001年には米HBO製作のTV映画『61*(シックスティワン)』で監督も務めるなど、製作にも意欲を見せている。

ビリーにとって、久々にTV出演となるコメディに期待したい。(海外ドラマNAVI)



■関連記事
ベン・スティラーが半自伝的コメディ・ドラマを制作!
『アメリカン・ホラー・ストーリー』に、アカデミー賞ノミネート女優が参加!
エレン・デジェネレスのモノマネで知られる女優が、『エレンの部屋』で本人とご対面!