向後の7日株:青天井目前!調整終了で上値追いへ!割安不動産株(880X)
7日以内に株価が沸騰しそうな株を毎日1銘柄ズバリ! 業績サプライズ系、株価出遅れ系、さらに思惑系も…さあ、チェック!!

ブロードメディア (4347)が今日の注目銘柄!

同社株は、7日、289円のストップ高買い気配と、力強い値動きで取引を終えました。この急騰により、年初来高値を更新し、需給が劇的に改善している点に注目します。

同社は、技術プラットフォームを持つコンテンツ事業者で、コンテンツ・放送・スタジオ・技術・ネットワーク営業の5つの事業分野を展開しています。

コンテンツ事業・放送事業・スタジオ事業では、優良コンテンツの制作、地上波・BS・CS等への提供、配給、配信(デジタルTV向け、PC向け、モバイル向け、スマートフォン向け)、DVD・Blu−rayの製造・販売を手がけています。技術事業では、高度なコンテンツ配信技術の開発や、事業パートナーへの技術提供を行っています。ネットワーク営業事業では、ブロードバンド回線・携帯端末等の販売を行っています。

4月25日に発表した13年3月期通期連結業績は、売上高は129.68億円(前期比、3.9%増)、営業利益は1.66億円(同、79.3%減)、経常利益は2.15億円の赤字(前期は8億円の黒字)、当期純利益は4.24億円の赤字(前期は8億円の黒字)と、増収・減益となりました。

しかしながら、14年3月期通期連結業績については、コンテンツセグメントにおいて、大規模な新規事業であるクラウドゲーム事業が2013年6月に開始予定であること、放送セグメントにおいて、BS放送やCATVの視聴可能世帯数が増加すること等が寄与するとみて、売上高は170億円(前期比、31.1%増)、営業利益は4億円(同、140.2%増)と大幅な増収・増益の見通しです。この良好な業績モメンタムは魅力です。

月足チャートをみると、9カ月移動平均ベースのボリンジャーバンドはすでにエクスパンションしており、一目均衡表の雲上限(7日現在、274円)を上抜けていることから、長期上昇トレンドが発生しているとの認識です。日足チャート、週足チャートでは、チャート上に節目らしい節目も見当たらず、好需給を背景に、株価は上値追いの展開になるとみています。

向後はるみ(HARUMI KOUGO)
黒岩アセットマネジメント

金融・経済を日々研究し、タイムリーな銘柄情報に定評がある。投信、先物、FXなど金融商品の仕組みにも詳しい。テクニカルアナリスト、ファイナンシャルプランナー。