風水における「断捨離」の意義--「気」を停滞させない!! 【オフィスで役立つ『風水』基礎知識】

写真拡大

さて、今回から実際のオフィスで使える風水のエッセンスをご紹介していきますね。

突然ですが、あなたはちゃんと捨ててますか?

世の中は断捨離がブームですね。

まぁ、あそこまでシンプルライフを追求するのもなかなか大変ですが、「捨てる」ということは風水においてもある重要な意味を持ちます。

実は風水において、最もよろしくないことの一つが、「気が停滞すること」なのです。

「気」に関しては、またあらためて書きますが、「運気」「雰囲気」「元気」「気分」などという言葉がありますように、うまく言い表せないものではありますが、誰にとっても切っても切れない「そこにあるもの」と言えましょう。

さて、本題ですが、「捨てる」ということは、それだけでオフィスの「気」を動かすことになります。

モノを捨てると、そこには空きスペースができますからね。

気圧と同じで、空いたところに気はそれを埋めようと流れ込みます。

すなわち、「気が動く」ということです。

逆に、「モノが動かない=気が停滞する」、ということ。

そう考えますと、身の回りに何年も動かしていないモノって、たくさんあるのでは?

例えば、もらったはいいが要らないのになぜか捨てられない資料だったり、家では小さい頃の思い出のガラクタだったり、いろいろあるとは思いますが、ずっと動かさないで置いておくと、いずれにせよ気は停滞し澱(よど)みます。

そうそう、川や湖の端のほうで、流れがなくヘドロのようになっている箇所を見かけますよね。ああいったイメージです。

そんなところに、きれいな水(良い気)が流れてくるはずがありませんよね。

そこで改善策ですが、気は、緩やかに常に流れているのが、一番いいのです。

ですから、どうしても捨てられないなら、定期的に置き場所を移動するなどして、気の流れを止めないようにすればいいわけですね。

(繁盛しているお店を定点観測してみると、同じものでも売り場の位置がどんどん変わっています!)

もちろん、一番いいのは、普段使わない、要らないものはひと思いに捨ててしまうことですよ。

心身ともにサッパリしていること、これが良い気を受け止めるのに最も適した状態なのです。いつも未練をもってウジウジしている人には、やはり運もやってきません。(「運」についてもいつか書きますね)

さぁ、これでもまだ捨てられませんか?

せめて月に一度くらい、「捨てる日」を設けて、オフィスに気を通してみるといいかもしれませんよ。