若手実力派のふたりが、名キャラクターの新作に息吹を吹き込む!(C)LEIJI MATSUMOTO / CAPTAIN HARLOCK Film Partners

写真拡大

松本零士氏原作のSFアニメ「宇宙海賊キャプテンハーロック」を、製作費3000万ドルを投じてCGアニメ映画としてリブートする「キャプテンハーロック」の主要キャラクターの声優陣が、このほど発表された。主人公ハーロックには小栗旬、ハーロック暗殺の命を受ける新キャラクター、ヤマ役には声優初挑戦となる三浦春馬が決定した。

無敵の宇宙戦艦アルカディア号に40人の仲間たちと乗り組み、1978年に放送されたテレビアニメのほか、劇場版「銀河鉄道999」「わが青春のアルカディア」など多くの作品で活躍した日本アニメ史上屈指の名キャラクターの新たな作品に、映画、テレビ、舞台で縦横無尽の活躍を見せる若手実力派俳優が息吹を注ぐ。

小栗は「今回のお話をいただいてとても驚きましたが、このような大きなプロジェクトに加わることができ、とても光栄に思っています。キャプテンハーロックは昔からカッコいいイメージを持っていました」と手放しで喜ぶ。そして「今回演じさせていただくにあたって、三浦くんとふたりでリハーサルができたことで、よりお互いのキャラクターやそれぞれの関係を深く表現できたと思います。彼の声はとてもまっすぐで、ヤマというキャラクターにピッタリだと感じました」と、“ダブル主演”ともいえる三浦との共演への手応えのほどをうかがわせている。

その三浦が担当するのは、今作で新たに生み出された新キャラクターであり、宇宙海賊として政府に反旗をひるがえすハーロックの暗殺を命じられ、アルカディア号に潜入する青年ヤマ。「以前から声優のお仕事をしたいと思っていたので、初めての作品がこのような大作で、喜びと同時に不安な気持ちもありました」と声優初挑戦らしいコメントを寄せる。それでも「実際の収録は、威厳があり心に響くハーロックを小栗さんが力強く演じられていたので、ヤマとして、負けない強い気持ちで臨みました。想像を超える迫力の映像にぜひ注目してください」と見どころを伝えている。

公開されている特報映像ですでに小栗の声が使われており、「すべては自由のために!」と力強く語りかけるナレーションに、「この声は誰?」と話題が集まっていた。今回の声優発表にあわせて、オフィシャルサイト(http://harlock-movie.com/boarding/)ではスペシャル映像が公開されており、「自分を縛るものと闘え。我が名はキャプテンハーロック」という小栗自身のナレーションとともに、重厚なオーラをまとった小栗、三浦のふたりが登場している。

「キャプテンハーロック」は、「スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン」「APPLESEED アップルシード」の荒牧伸志がメガホンをとり、「亡国のイージス」「機動戦士ガンダムUC」の福井晴敏氏が脚本を担当。ハーロック率いる宇宙海賊クルーを蒼井優、古田新太、福田彩乃らが担当することも発表された。9月7日から全国で公開。

■関連記事
【作品情報】「キャプテンハーロック」
総製作費3000万ドル!CGアニメ「キャプテンハーロック」公開決定
杏がメーテルになって松本零士と対面!「銀河鉄道999」イベント
篠原涼子、2年半ぶり連ドラは下ネタ赤裸々「エッチです」
「変態仮面」が鈴木亮平主演で映画化!小栗旬が脚本協力