ダチョウ倶楽部が吹っ飛んだ、ウォン・カーウァイ最新作応援団員に。

写真拡大

ウォン・カーウァイ監督最新作「グランド・マスター」の公開を記念して、5月7日、都内ホテルで応援団結成イベントが行われ、武術太極拳世界大会で金メダルを獲得した“カンフー美少女”、スーパー高校生・山本千尋と、お笑いトリオのダチョウ倶楽部が登壇した。

3歳から母親の“中国アクション映画好き”がきっかけで武術太極拳を始めた山本は、緊張気味に「『グランド・マスター』は実在した中国武術と達人たちの生き様を描いていますので、私も先輩たちに負けないように一生懸命頑張ります」と、元気よく挨拶。さらに、山本率いる応援団の団員として“リアクション芸のグランド・マスター”ダチョウ倶楽部(肥後克広、寺門ジモン、上島竜兵)が登場した。

お揃いのチャイナ服を着た3人は、おなじみの「ヤー!」をしながら現れ、「ヤー!はカンフーが由来」と言い、正しいカンフーのやり方を伝授した。

「グランド・マスター」とは、中国武術において技と心を極め、伝承していく者のこと。今回のイベントでもそれぞれの技を伝承。まずは、ダチョウ倶楽部がキレの良い山本の武術太極拳を伝承され、てんてこ舞いになりながらもなんとか格好良くポーズを決めた。山本は「最後の睨みを聞かせたポーズは完璧です!」と笑いながら褒める優しさも。

次に、ダチョウ倶楽部は達人の域に達した“おでん芸”を披露。「グランド・マスター」用にと、いつもは入っていない焼売が入った、湯気があがるほどのあつあつおでんに上島がいつも以上に激しいリアクションを見せ、飛び火した肥後と寺門も予想以上の飛び上がりを見せた。それを横目でみた山本は、「生おでんが見られて光栄です。将来、アクション女優を目指す中で見習いたい」と笑顔で応え、リアクション芸の心を伝授された。

また、絵作りでは、女子高生の間で話題のマカンコウサッポウ(魔貫光殺法)に挑戦。“リアクション芸のグランド・マスター”としての意地と誇りを見せた彼らの驚異的なジャンプに、会場は大きな笑いに包まれた。

「グランド・マスター」の感想について、ダチョウ倶楽部のメンバーは「絵が綺麗!」「感動する!」「チャン・ツィイー、キレイだね〜」「僕らも極寒の地で撮影は良くするけど、映画はレベルが違う」と、それぞれが言いたい放題。

その一方、山本は「『グランド・マスター』は中国拳法の流派を背負ったグランド・マスターたちの愛と宿命の物語です。過酷なトレーニングを乗り越えた、トニー・レオンとチャン・ツィイーの華麗なるカンフーアクションと、激動の時代に翻弄される2人のドラマが見どころです」と、16歳とは思えないほどビシッと本作の見どころを熱弁。そして、「アクション女優として憧れはチャン・ツィイーさんです!いつか共演したいです!」とカメラに向かってアピールすると、ダチョウ倶楽部からは「そのときは、僕らもエキストラで!」と合いの手を入れ、会場を笑わせた。

映画「グランド・マスター」は5月31日(金)より、TOHOシネマズ 日劇 ほか全国ロードショー。