トム「日本での映画撮影は夢」、主演最新作プロモで19回目の来日。

写真拡大

5月31日より公開の映画「オブリビオン」のプロモーションのため来日したトム・クルーズが7日、都内のホテルで行われた来日記者会見に出席。ヒロイン役のオルガ・キュリレンコ、ジョセフ・コシンスキー監督と共に、作品の見どころなどを語った。

トムは紺のセーターにデニム姿、オルガはグレー、イエロー、ブラックのシックなワンピース姿で会場に登場。まず、トムは「とてもいい天気の中、日本に来ることができてとても嬉しいです。『オブリビオン』は私たちが誇りを持って日本のみなさんにお見せできる作品です。みなさんのあたたかい歓迎にいつも感謝しています」、オルガは「日本に戻って来られて嬉しいです。日本は大好きな国なんです!私は10日間日本に滞在し、『オブリビオン』を携えて各地を回る予定です。この作品は自分の出演した中でも最高の映画で、トム、ジョセフという敬意を表するべき方たちと一緒に参加できたことを嬉しく思います」とそれぞれ挨拶した。

作品の見どころについては、トムが「映像が本当に素晴らしいです。そして人間性がよくとらえられていますし、ロマンスも含まれており、何層にも重なってできている作品なんです。私は何度かSF作品に出ていますが、『オブリビオン』はこれまでとは全く異なる作品になっています。全体にロマンスが満ちあふれた素晴らしい作品です」とアピール。

また、オルガはトムとの共演について聞かれ、「この作品でトム、監督とご一緒できて嬉しいです。この作品はトムがいなければ出来なかった作品だと思っています。特にスタントシーンは経験豊富な彼がいてくれたから、安心して演じることが出来ました。毎日仕事に行くのが楽しい現場だったので、機会があれば何度でもご一緒したいと思っています」と語った。

そして監督の印象についてトムは「監督はこれが2作品目になるのですが、自分のビジョンを持っている方です。デザインや発想力などのクリエイトする力が素晴らしいです。自分の想像する世界を見事に作り上げるその手腕に感激しました。また、映像だけでなく、演技の細かい部分まで気を配り俳優を指導してくれます」と絶賛した。

トムは今回、実に19回目の来日となるが、「日本で映画を撮影するとしたら、どこで撮影したいですか?」との質問に「本当に日本は美しい国ですからここで映画を撮るのは私の夢でもあります。私はもう19回も日本にお邪魔していますが、あと19回来てもいいくらい!それほど大好きな国です」と返答。たっぷりと“日本愛”を語り、記者会見は終了となった。

映画「オブリビオン」は5月31日(金)TOHOシネマズ 日劇ほか、全国ロードショー。