江戸東京博物館にて「ファインバーグ・コレクション展/江戸絵画の奇跡」を体験しよう!

写真拡大

彼と付き合いが長くなると、安定感はあるけど新鮮さが薄れてマンネリになってきちゃうことってあるよね・・・。そんな“当たり前”を見直すキッカケになりそうな展覧会が、江戸東京博物館開館20周年記念特別展「ファインバーグ・コレクション展 江戸絵画の奇跡」(5月21日(火)〜7月15日(月))。開催趣旨を広報担当の方にお伺いしたところ・・・。

「アメリカ・メリーランド州にあるファインバーグ・コレクションは、化学者であり実業家でもあったロバート・ファインバーグ氏が一代で蒐集した江戸絵画を中心とする日本美術のコレクションです。このコレクションの特徴は、狩野派や土佐派など官画派の保守的な作品がほとんど含まれず、江戸時代の民間画派の、自由で活気に満ちた肉筆画の作品が中心となっていることです。尾形光琳、酒井抱一らの琳派、池大雅、与謝蕪村、谷文晁らの文人画、円山応挙、呉春らの円山四条派、伊藤若冲、曾我蕭白らの奇想派、そして菱川師宣、葛飾北斎らの浮世絵など、内容は実に多彩です。また、いずれの作品も質が高く、全体として上品な雰囲気を持っていることも大きな特徴です。本展では、このようなファインバーグ・コレクションを、日本で初めてまとまった形で紹介いたします。コレクションから選び抜かれた優品約90件を通じて、百花繚乱の江戸絵画の世界をお楽しみください」とのこと。

実は、ファインバーグ夫妻がまだ若く1970年代にニューヨークに住んでいた時にメトロポリタン美術館で初めて日本美術に出会い、魅力的なまったく新しい世界を発見。それから40年あまり、江戸絵画や屏風の研究と蒐集を通じて、このコレクションを作り上げたとのこと。出会い、情熱、そして継続という結果がこの展覧会の作品だと思うとまた一味違う印象でしょ? ぜひ、彼と確認しに出かけてみて。