投資熱再び!? 投資用一棟アパート不動産価格、4月過去最高--2011年12月以降

写真拡大

ファーストロジックは7日、同社が運営する不動産投資サイト『楽待』における「投資用 市場動向データ 最新版2013年4月期分」の調査結果を発表した。調査期間は2013年4月1日〜30日、対象は期間中、『楽待』に新規掲載された全国の物件および問い合わせのあった物件。

投資用一棟アパート(新規登録数2,938件、全掲載数1万2,004件)について見ると、新規掲載物件の表面利回りは前月比で0.13ポイント下落の10.65%。一方、問い合わせ物件の表面利回りは同0.06ポイント上昇の12.45%となった。新規掲載物件の物件価格は同153万円上昇の6,418万円となり、2011年12月以降最高を記録。それに対して、問い合わせ物件は同156万円下落の5,507万円となった。

築年数を見ると、新規掲載物件は前月比3カ月増の22年6カ月、問い合わせ物件は同1カ月減の22年8カ月となった。

投資用一棟マンション(新規登録数1,126件、全掲載数4,064件)については、新規掲載物件の表面利回りは前月比で0.05ポイント上昇の9.50%、問合せ物件の表面利回りは同0.15ポイント上昇の10.62%。新規掲載物件の物件価格は同1,561万円下落の1億7,965万円、問合せ物件の物件価格は同2,300万円下落の1億6,246万円となった。

築年数は、新規掲載物件が前月比7カ月減の23年1カ月、問い合わせ物件が同11カ月増の23年だった。

投資用区分マンション(新規登録数2,247件、全掲載数7,231件)については、新規掲載物件の表面利回りは前月比で0.02ポイント上昇の10.76%。一方、問合せ物件の表面利回りは同0.50ポイント下落の11.59%となり、2011年12月以降最低の利回りを記録した。新規掲載物件の物件価格は同55万円上昇の1,087万円。それに対して、問合せ物件の物件価格は同20万円下落の892万円となった。

築年数は、新規掲載物件が前月比4カ月増の23年、問い合わせ物件が同2カ月増の22年8カ月だった。