ダチョウ倶楽部と太極拳美少女山本千尋

写真拡大

ウォン・カーウァイ監督の最新作「グランド・マスター」の公開を記念し、ダチョウ倶楽部(肥後克広、寺門ジモン、上島竜兵)と、太極拳の世界大会で金メダルを獲得した16歳の美少女・山本千尋が応援団を結成。5月7日に結団式が行われ、山本とダチョウの3人は互いの“技”を伝授し合った。

アクション映画好きの母親の影響もあり、3歳で太極拳を始めたという山本は劇中で繰り広げられるアクションを絶賛。自らも「将来はアクション女優になりたい。目標はチャン・ツィイーさん」と笑顔で夢を明かした。

ダチョウ倶楽部の3人は、“リアクション芸”の達人として応援団に参加。山本は、「アクション女優を目指しているので、リアクションを教えてほしいです」弟子入り志願した。3人は「僕らは2歳の頃からやっている」という“おでん”芸を披露。間近での本気のリアクションに、山本は困惑しつつも「生で見られて光栄です(笑)。学校でみんなに自慢したい」と10代の少女らしい一面ものぞかせた。

トニー・レオン、チャン・ツィイーらスターを迎え、カーウァイ監督が構想17年、撮影に3年の歳月をかけて完成させた本作。ブルース・リーの師として知られるイップマンら実在のカンフーの達人たちが、時代や運命に翻弄(ほんろう)されながらも生きる姿を描き出す。

「グランド・マスター」は、5月31日から公開。

■関連記事
【予告編】「グランド・マスター」
第63回ベルリン映画祭開幕 ウォン・カーウァイ待望の新作に拍手喝さい
寺門ジモンが熊切あさ美に「ロックアウト」流サバイバル術を伝授!
ダチョウ上島「忙しくて会ってくれない」“売れっ子”有吉に嘆き節
寺門ジモン、もこみちをライバル視 ファン30人に松坂牛振る舞う