赤色のトイレットペーパーを要求! ビヨンセ (c)Hollywood News

写真拡大

歌手のビヨンセが、特製の高級ストローを控え室に置くことやトイレットペーパーの色を赤にするなど、さまざまな要求をツアーでのコンサートの主催者側に要求していることが話題になっている。

さすが世界の歌姫であるビヨンセは、その要求もかなりビッグのようである。関係者が「デイリー・スター」紙に語ったところによると、彼女は控え室の壁をすべて白色にしてほしいと要求しているのだという。さらに彼女は、アルカリ水を飲むために600ユーロ(約7万8000円)もするチタン製のストローを要求し、その水は常に摂氏20度に保たなければいけないようだ。

それだけでなく、彼女のアレルギーのためにスタッフは全員100%コットン製の服を着なければいけないということや、トイレの便座を新品に交換し、トイレットペーパーの色は絶対に赤でないといけないという条件があるらしい。控え室のお菓子にも細かいルールがあり、ジャンクフードを置くのは禁じられており、アーモンドやオートミールで作られたケーキを用意しないといけないのである。

関係者は同紙に、「ビヨンセはコンサートのために一生懸命働き、さらにツアーでは長時間の旅行を強いられるので、プラン通りにことを進めるためには、彼女の要求はそこまで難題ではないと感じております」と語った。確かに彼女の要求はすべて、彼女の心身の健康を良く保つためのようである。それにしても、赤い色のトイレットペーパーはどこで売っているのだろうか?【村井 ユーヤ】