A・J・クック、カーステン・ヴァングスネス

写真拡大

3月下旬に米CBS TVが2013〜2014年シーズンに継続するドラマとコメディを発表した際『クリミナル・マインド』が更新リストに入っていなかったため、気がかりなファンも多いと思うが、先週『クリミナル・マインド』製作総指揮者のエリカ・メッサーが製作会社のABCスタジオと新たに契約を結んだことにより、"CBSにて放送されるであろうと予測される"シーズン9についても引き続き指揮を執ることがほぼ決定した。

米TVLineのインタビューでメッサーが語ったところによると「5月15日のCBS会議にて、もし『クリミナル・マインド』が今秋放送スケジュールに組み込まれていないなら、衝撃のあまり床に倒れてしまって言葉も発せられなくなると思うわ。通常なら毎年1〜2人のみが出演契約を更新するのに、7人のレギュラー俳優のうち5人が今季で契約が切れて新しい契約を結ばなければならないって今までなかったことなのよ。少なくとも彼らの契約更新の話が進まない限りはドラマ自体の更新も難しいことも事実なんだけど、私は毎日のように(放送決定権のある)関係者に電話をかけて"ドラマの更新状況はどうなっているの? 私の質問にも聞き飽きているでしょう!"とプレッシャーをかけているから、関係者も"いい加減にしてくれよ"といった態度よ(笑)『クリミナル・マインド』はABCスタジオとCBSネットワークそして世界中の熱心なファンから愛されて続けている大人気ドラマだから、更新話もすべて上手くいくと確信しているわ。でももしキャンセルされるなんてことになったらショックで仕方ないわ。」とのこと。

製作総指揮者であるエリカが契約更新したことで、今は未契約状態のホッチ役のトーマス・ギブソン、ロッシ役のジョー・マンテーニャ、モーガン役のシェマー・ムーア、J・J(ジェニファー・ジャロウ)役のA・J・クック、ガルシア役のカーステン・ヴァングスネスが契約交渉に望んでいる真っ最中だ。

トーマスとジョーは契約更新の最終段階に入っているが、シェマーは本人が希望する出演料と提示される出演料に大きな差があり契約交渉はかなり難航しているとのことだ。一緒に交渉を行っているA・Jとカーステンに至っては、シーズン1から出演しているにも関わらず、トーマスとジョーだけではなく他の男性レギュラー・キャストより半分以下にしか満たない出演料に対しかなり不満を抱いており、既に最新の契約更新を断ったと言うニュースも入ってきている。 提示額が本人たちの希望と合意しない限り、例えシーズン9の更新が公式に決定されても、A・Jとカーステンは本人たちの意思で降板することもあるかも知れない。 

A・Jが『クリミナル・マインド』シーズン6でJ・J役を降板させられたものの、ファンからの復帰要望が強く再びシーズン7に戻って来たことは記憶に新しい。 今後もドラマ自体の更新ももちろん、各レギュラー陣の契約更新状況に注目したい。(海外ドラマNAVI)



■関連記事
『クリミナル・マインド』新シーズン継続か否かについてジョー・マンテーニャが発言!
ファンに朗報!『クリミナル・マインド』にJJが帰ってくる!
米CBSが来シーズン継続のドラマとコメディを発表! リストに入っていないドラマは!?