警視庁と共同開発! 振り込め詐欺を未然に防ぐ「振込め詐欺見張隊」販売

写真拡大

レッツコーポレーションは5月8日より、発信者の音声を録音して振り込め詐欺を防止する装置「振込め詐欺見張隊117(ふりこめさぎみはりたいいいな)」を発売する。

同商品は警視庁と共同開発し、東京都内の過去の被害者宅を中心に貸与した装置を、一般向けに使いやすく改良したもの。同機を設置すると、発信者に対して「この電話は振り込め詐欺等犯罪被害防止のため、会話内容が自動録音されます」とアナウンス。これにより、振り込め詐欺等犯罪に対しての強い抑止力が生まれるという。

設置は、電話回線と電話機の間に割り込ませるだけと簡単。操作は自動録音なので、設置宅では電話が鳴ったら今までと同様に会話をするだけとなっている。会話の音声は高音質で録音され、音声は本体内部ボタンを押すと再生する「簡単再生モード」対応。

同商品は振り込め詐欺以外にも、悪徳業者の勧誘や新手の電話犯罪などにも有効。録音しているにも関わらず犯罪行為が行われた場合でも、音声データを警察へ提出することにより、声紋分析や余罪の照会などが可能となる。

商品については、同社ホームページで詳しく案内している。価格は、本体とモジュラーケーブル、電源アダプタ、取り扱い説明書付きで9,800円。