「彼はハーフです」というときの「He′s half.」【うっかり使うとアブナイ英語】

写真拡大

【「彼はハーフです」というときのアブナイ英語】He's half.

【こんなふうに聞こえるかも】彼って、ハンパなんだよね。

【ネイティブが使う英語】He's half Japanese./He's Japanese-American.



片親が日本人、もう片親が日本人以外の場合、日本では「ハーフ」といいますが、この「ハーフ」という言葉はその「半分」感から、マイナス、あるいは差別的なイメージを含むことがままあります。half Japanese「半分、日本人の血が入っている」あるいは、(これまた賛否両論あるのですが)ハイフンを用いて(hyphenation)例えばJapanese-Americanなどと言う方が無難でしょう。また、日本のいわゆる「ハーフ」の人たちのあいだでは、2倍豊かなヘリテージを感謝して自分たちのことを「ダブル」と呼ぶ人たちもいるそうですよ。こちらの方が、何だかポジティブな感じがしますね。