必見!乳首が出てくる時代劇特集

時代劇……。紳士である読者の皆様は、子供の頃、時代劇にエロティックな雰囲気を感じてはいなかったでしょうか。そんな訳で今回は、時代劇に出てくる乳首を大特集しちゃいます!!

【関連:ラブホテルはなぜ高速道路付近に多いのか?】
 
まずは国民的時代劇『水戸黄門』!かつては由美かおる演じるくのいち・お銀の入浴シーンが目玉の1つとされ、視聴率が低迷した末期は、「由美かおるが入浴しないから視聴率が下がった」などと噂されていたものです。

その入浴シーンの中で、何と由美かおるの乳首が映った回があるのを御存知でしょうか?

それは第18部の第8話「泥棒夫婦の大予言」(昭和63年10月31日放送)。
視聴者から見てやや右向きに動作する由美の右の乳首が、ばっちり視聴者の正面を向いているではありませんか!

また、『水戸黄門』にはもう1回乳首が登場する回があります。それは第17部(昭和62年放送)。このシリーズでは第1〜9話にピンクレディーのMIEがくのいち・くれないお蓮役で出演しているのですが、お蓮が滝で水浴びする場面がありまして(第何話か忘れました……)、その場面で乳首が映っているのです。
おお!何ということでしょう!あの国民的アイドル・ピンクレディーの乳首が見られるとは!!……と思わず興奮してしまうところですが、よく見ると、乳首が映る瞬間だけ身代わりの別人と入れ替わっています。
う〜む、あの身代わりの女優は誰だったんでしょう?他人の身代わりとなって乳首を見せるためだけに一瞬だけ出演するというのも可哀相な感じがしますね。

続いてご紹介するのは『大江戸捜査網アンタッチャブル』第1シリーズ(昭和45年放送、東京12チャンネル)。隠密同心と呼ばれる集団が事件を捜査する作品ですが、第1シリーズは隠密同心のアジトが銭湯だったこともあり、乳首が映る回がありました。同時期に放送された、銭湯を舞台にした現代劇『時間ですよ』でも乳首が映っていましたね。当時はお約束だったのでしょう。

本稿最後の作品は『斬り捨て御免!』第3シリーズ(昭和57年放送、テレビ東京)のオープニング。ここでは、裸体の女性のシルエットが乱舞し、おっぱいを横から捉えたシルエット映像が5カットぐらいあります。私はこのオープニングが恥ずかしくてしょうがありませんでした。あのおっぱいに一体何の意味があったのか(笑)。

(文:お江戸又十郎)