マイケル・ベイ監督にとってはとばっちりPhoto by Jason Merritt/WireImage

写真拡大

「トランスフォーマー」シリーズで知られるヒットメーカーのマイケル・ベイ監督の発言が物議を醸していると、ロサンゼルス・タイムズ紙が報じた。

新作映画「ペイン&ゲイン(原題)」の全米公開を控えるベイ監督はさまざまなメディアの取材を受けているが、問題となっているのはシリウスXMラジオでの発言だ。シリーズ第3弾「トランスフォーマー ダークサイド・ムーン」で、ヒロイン役をミーガン・フォックスからロージー・ハンティントン=ホワイトレイに交代させた経緯について、「彼女たちが100万ドルのギャラと引き替えに何をすると思う? 胸の大きなかわいい女の子たちが車に前屈みになって、修理しているふりをするだけだ。ミーガン・フォックスがやりたくないっていうなら、ヴィクトリアズ・シークレットの下着モデルに差し替えるまでだよ」と話した。

この発言に抗議の電話が殺到。しかし、実はこれはベイ監督本人ではなく、監督になりすましたものまねだったという。

■関連記事
【全米映画ランキング】マイケル・ベイの新作「Pain & Gain」が首位デビュー
マイケル・ベイ監督が「アルマゲドン」について謝罪
マイケル・ベイ製作「ミュータント・タートルズ」にウィル・アーネットが参戦
「トランスフォーマー4」は中国で撮影
マイケル・ベイ、テレビドラマをプロデュース