<女子世界ランキング>
 5月6日付けの最新女子世界ランキングが発表された。海外女子ツアー「キングスミル選手権」を制したクリスティ・カー(米国)が2つ順位を挙げ10位に浮上、世界のトップ10に返り咲いた。
 1位インビー・パーク(韓国)、2位ステイシー・ルイス(米国)の上位2名に変動はなかったが、カーとプレーオフを争ったスーザン・ペターセン(ノルウェー)が順位を上げ3位に浮上している。
 日本勢の最高位は宮里藍で前週と同じ9位をキープしている。また、国内女子ツアー「サイバーエージェントレディス」で約2年ぶりの優勝を挙げた横峯さくらが7ランクアップの38位となっている。

【女子世界ランキング】
1位:インビー・パーク(10.19pt)
2位:ステイシー・ルイス(9.10pt)
3位:スーザン・ペターセン(8.31pt)
4位:チェ・ナヨン(8.12pt)
5位:ヤニ・ツェン(7.69pt)
6位:リュ・ソヨン(6.83pt)
7位:申・ジエ(6.14pt)
8位:フォン・シャンシャン(6.07pt)
9位:宮里藍(5.91pt)
10位:クリスティ・カー(5.70pt)

【主な日本人選手】
13位:宮里美香(4.44pt)
29位:有村智恵(3.19pt)
37位:佐伯三貴(2.62pt)
38位:横峯さくら(2.61pt)
44位:森田理香子(2.46pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
「サイバーエージェントL」全3日間の激闘を写真で振り返る!
プロを目指した男が最新クラブを斬る!