ニッキー・ミナージュPhoto by Jeffrey Mayer/WireImage

写真拡大

ニック・カサベテス監督(「きみに読む物語」)、キャメロン・ディアス主演の新作ロマンティック・コメディ「The Other Woman(原題)」に、人気ラッパーのニッキー・ミナージュが出演交渉中であることがわかった。米ハリウッド・レポーター誌によれば、ミナージュは現在、交渉の最終段階だという。

米20世紀フォックスが製作、ディアスのほかにレスリー・マン、ニコライ・コスター=ワルドー、ケイト・アプトンが出演。恋人(コスター=ワルドー)に妻(マン)がいると知ったヒロイン(ディアス)が、妻とまた別の愛人(アプトン)と結託して、その男に復しゅうを試みるというストーリーだ。ミナージュは、法律事務所で働くディアスのアシスタントで、3度結婚している歯に衣着せぬ女性を演じる。

ミナージュは「アイス・エイジ4 パイレーツ大冒険」(2012)で声優を務めているが、これが初の実写映画出演となる。

■関連記事
キャメロン・ディアス新作に“レディー・ガガ恋人”&ケイト・アプトンが出演
「モネ・ゲーム」予告編でC・ファース&C・ディアスが“一肌脱ぐ”!
ブリトニー・スピアーズ、2012年最も稼いだ女性アーティストに
エイミー・ワインハウスのドキュメンタリー映画製作へ
テレビ版「バッド・ティーチャー」の主役はアリ・グレイノール