図1/こんなトンデモ人間に困っています!

写真拡大

1000人の社会人男女がぶっちゃけた、今どきオフィスの鼻つまみ者アンケート。その結果、浮かび上がった「困った上司・部下」の生態は予想以上にひどいものだった。「職場の困った人についてのエピソード(自由回答)」(図1)で際立っていたのは、壊れた上司の実態だ。

例えば「デスクの下で猫を飼う男性上司」。その傍若無人さは理解不能だ。臨床心理士で組織にはびこるパーソナリティ障害に詳しい矢幡洋氏も目を丸くした。

「一見かわいいのですが、公共のものを私物化する反社会的性格を感じます。ばれることがわかりきっていることをやるところ、『誰も怖くないぞ』という虚勢、『オレの大胆さはどうよ』という反社会性の表れでしょうか」(矢幡氏)

「仕事を途中で放り、トイレでタロット占いをする女性上司」もかなり怖い。

「上司になるほど孤独に決断を下さざるをえなくなり、プレッシャーも大きくなる。経営者が自己決定の重圧から逃れようと風水で方針を決める行為に近い心理かもしれません」(矢幡氏)

全体の傾向として、「困った上司・部下」のタイプを見てみよう(図2)。矢幡氏は、嫌われ上司の傾向の激変ぶりを指摘する。

「これまで部下が最も手を焼いたのは、怒鳴ったり罵倒したりするパワハラ系上司でしたが、このタイプは姿を消して、弱虫系や自己チュー系が上位を占めています。上に立つ者として難ありです」

困った上司1位はいかにも弱虫なダダっ子型。一貫した意見や主義はない。ないのに、部下の案を素直に通したくない。「ああ言えばこう言う」ひねくれ者で、朝令暮改が得意だが、「結局どうするか決断力がないのが弱点」(矢幡氏)。

同4位の、過去の失敗をいつまでもひきずってクヨクヨし、リスクを一切避けて通る保守的な上司。また、同5位の異様なほど部下の重箱の隅をつつく上司。これらもやはり「“自分”がなく決められない弱虫タイプ」(矢幡氏)だ。

かつての主流、パワハラ系が勢力を弱めたことは歓迎すべきだが、台頭してきた弱虫系も鬱陶しい存在に変わりない。「上司の人材としてはむしろ劣化が進み、器が小さくなったと思います」(矢幡氏)。

一方、「はた迷惑な部下」はどうか。実はこちらも負のオーラに包まれ、心身とも弱体化している。

「マゾ体質で、自分で決めず前に進めない人が多いですね」(矢幡氏)。

例えば、言われたことだけして何にも挑戦しない無気力系(1位)を筆頭に、1から10まで他人に頼る確信犯的な半人前(2位)、上司に表立って反抗はしないが、よく拗ねて仕事をサボるつむじ曲がり(3位)など、暢気なのかネクラかわからないが、取り扱いに注意を要するタイプがずらりと並ぶ。

「彼らに共通するのは、自己評価の低さです。どうせできないという負け犬根性がある。だから自らひたむきに汗流す労働に価値を見出せない」(矢幡氏)

最後に上司・部下以外にも、属性別の回答(図3)を見てみよう。

「興味深いのは、女性社員が最も嫌うのが、おしゃべり好き上司ということ。同僚同士なら雑談仲間として受け入れられる存在でも、相手が上司となると拒否したい。何でも話すことが部下との関係をよくすると考える上司は多いですが、女性部下には迷惑。人間的な親密さよりドライな間柄を選ぶということなのでしょう」(矢幡氏)

人事制度を構築するフォー・ノーツ代表で、複数の企業で人事業務をしてきた西尾太氏はこう語る。

「実際このランキングに登場する人物像について困っているという相談を山ほど受けます。大事なのは、こうした鼻つまみ者を反面教師にして自己を見直すことです」

人のフリ見て我がフリ直すことがリスクマネジメントなのだ。

【調査概要】楽天リサーチの協力を得てインターネットを通じて働く人1000人より回答を得た。調査期間は2012年3月28〜29日。

(大塚常好=文)