叶恭子「靴が語りかけてくる」、自宅にはハイヒールだけで3,000足。

写真拡大

タレントの叶恭子と叶美香が5月6日、都内で行われたドキュメンタリー映画「私が靴を愛するワケ」の試写会イベントに出席。コート・ダジュールの太陽をイメージしたというセクシーな衣装で登場した2人が、“靴への愛”についてトークを繰り広げた。

この日は、恭子はクリスチャン・ルブタン、美香はフェラガモの靴で登壇。恭子は「深いくりで指の谷間が、胸の谷間のようにみえてセクシーなんです」、美香は「いつも斬新ながらも履きやすい所が特徴です。ブーツスタイルだったのですが、ドレッシーな服にも合いますね」と、それぞれファッションのポイントを語った。

映画は靴好きにはたまらない内容だが、恭子は「3回も観てしまいました。出てくる中には持っている靴もありましたし、靴を愛する人の考えに触れられて良かったです」とお気に入りの様子。一方、美香は「まるで姉のドキュメンタリーを観ているようでした(笑)姉の場合はコレクターというか、純粋に靴が好きなんです」と感じたそうだ。

ちなみに、美香曰く、2人が持っているハイヒールは「3,000足くらい」とのこと。それ以外のフラットシューズなども合わせると「倍ぐらいの数」になるため、自宅には靴専用の部屋があるという。

また、恭子は自身が履かない靴も購入するそうで、「靴にはアート的な価値もあると思っていますので、サイズが合わなくても購入しています。男性が3台目のフェラーリに憧れるような感覚だと思います」と持論を展開。さらに、買い物に行くと「靴がわたくしに『あなたのために生まれてきたの』と語りかけてくるんです」とのエピソードも披露した。

最後に、これから本作を観る人に、「靴は私の皮膚の一部とも言えます。また、履くだけでなくオブジェやアートとしても愛する事が出来ます」(恭子)、「女性の皆様が好きだと感じる事が出来る部分のある作品です」(美香)とメッセージを贈った。

映画「私が靴を愛するワケ」は、5月11日、新宿武蔵野館ほか全国順次公開。


☆「私が靴を愛するワケ」とは

洋服を買いに出かけたのに、新しい靴を買ってしまった!誰もが持つそんな経験。世の中には、セックスよりも靴が好き!と公言する女性もいれば、果てしないクローゼットを数々の愛する靴で埋め尽くし、眺めることが一番幸せという女性も。多くの女性たちは美しくなりたい、強くなりたい、新しい自分になりたい…そんな思いでハイヒールを履いてきた。なぜ女性たちは靴に虜になるのか?その魅力とは?貴重なインタビューを交えながら、ポップに、心理学的に、そして社会学的かつ歴史的に、さらには“フェティシズム的”にもその魅力の謎を追う、世界初の“靴と女性の魅惑の関係”に迫った、靴を愛するすべての女性たちに贈る、靴による美しい女性への応援映画だ。