トム来日に羽田熱気ムンムン、プライベート・ジェット機で降り立つ。

写真拡大

5月31日より東宝東和配給で全国公開される「オブリビオン」主演のトム・クルーズが5月6日、日本でのプロモーションのため、プライベート・ジェット機で羽田空港に降り立った。

実は、この前日まで沖縄に立ち寄っていたトムは、念願の日本でのプライベート滞在を大いに楽しんだ様子。モスグリーンのレザージャケットにGパン姿というリラックスしたスタイルで羽田に到着すると、来日の日時を案内されていないにも関わらず、到着時には500人のファンに囲まれ大歓迎を受けた。突然のトム登場には、その場に偶然居合わせた人々からも驚きと歓声が上がり、ゴールデン・ウィーク最終日の空港内は熱気ムンムンに。

トムの姿が見えるとファンの黄色い声が飛び交い、周りには一目トムの姿を見ようと人が詰めかけ、今も変わらない人気の高さを示した。この日、彼の到着を待ちわびたファンの中には涙する人も。まさに感動に包まれた歓迎となった。

そうした中、いつもファンを大切にするトムは、一人一人と握手を交わし、子どもと握手をしたり、ハグをしたりと丁寧に笑顔でファンと交流。来日を楽しんでいたようだ。

前回の来日からわずか4か月という異例の短期間での再来日となるトムは、8日まで滞在し、共演者のオルガ・キュリレンコ、ジョセフ・コシンスキー監督と共に記者会見、ジャパン・プレミアに臨む。8日に開催されるジャパン・プレミアは「オブリビオン」の世界観をイメージした、青い光に包まれた真っ白なランウェイをトムらキャストが歩いて登場する予定だ。


☆「オブリビオン」ストーリー

2077年、エイリアンの攻撃を受け、地球は全壊壊。生き残った人類は、他の惑星へと移住を果たすが、ジャック(トム・クルーズ)は荒廃した地球に残り、パトロール機バブルシップをかり、高度1,000mの上空から地球を監視している。

ある日、ジャックは墜落した宇宙船で眠る美女ジュリア(オルガ・キュリレンコ)を発見する。目を覚ました彼女はなぜか逢ったことのないジャックの名を口にした。彼女に不思議な結びつきを感じながら、次第にあらゆる現実に疑問を抱くようになっていくジャック。そして二人に隠された“真実”は謎の男ビーチ(モーガン・フリーマン)によって明かされようとしていた――。