トークショーに出席した叶恭子と叶美香

写真拡大

タレントの叶恭子叶美香が5月6日、都内で行われた「私が靴を愛するワケ」の公開記念イベントに出席した。靴に魅せられる女性の心理を捉えたドキュメンタリー映画。妹の美香によれば「姉のヒールだけでも3000足はある」といい、姉の恭子は「私が選ぶのではなく、“お靴”のほうが『私はあなたのために生まれてきた。あなたが持たないでどうするの?』と語りかけてくる」と豪語。たとえサイズが合わなくても、「気に入ったデザインのお靴はオブジェにもなるし、お花も飾れちゃう」(恭子)と浮世離れした発言で、場内を驚かせていた。

映画はクリスチャン・ルブタン、ピエール・アルディら、女性たち憧れのブランドのデザイナーたちと、ケリー・ローランドファーギーら“靴マニア”のセレブへの取材を通して、心理学、社会学、フェティシズムなど多角的に女性と靴の関係を解明していく。「女性が共感できるのはもちろん、男性も女性の靴に対する心理がわかるはず」(恭子)、「まるで姉のドキュメンタリーを見ているようだった」(美香)とアピールしていた。

この日は恭子がルブタン、美香がフェラガモのハイヒールを履いてイベントに駆けつけ、女性ファンはせん望のまなざし。抽選でルブタンをはじめマノロ・ブラニク、ジュゼッペ・ザノッティの高級靴を来場者3人にプレゼントする大盤振る舞いも披露したが、「本当は20足ほど用意するつもりだったんですけど、主催者の皆さんから時間の都合があると言われて」(恭子)と再び仰天発言で沸かせていた。

「私が靴を愛するワケ」は、5月11日から新宿武蔵野館で公開。

■関連記事
【予告編】「私が靴を愛するワケ」
世界初のハイヒールドキュメンタリー「私が靴を愛するワケ」予告編
叶美香、アカデミー女優の吹き替え一発OK 海外ドラマ「Dr.HOUSE」
マドンナ監督デビュー作「ワンダーラスト」を叶姉妹が大絶賛!
NYタイムズ名物写真家ドキュメンタリー「ビル・カニンガム&ニューヨーク」予告編公開