ザ・ロック

写真拡大

プロレス界のカリスマでハリウッドスターとしても有名な"ザ・ロック"ことドウェイン・ジョンソンが、米HBOの新作パイロットに主演することが明らかになった。もし同作にゴーサインが出れば、ドウェイン初のTVドラマシリーズ主演作になるという。

ドラマは30分のコメディもので、タイトルは未定。マイアミに暮らすエネルギッシュな元アスリートたちを描くという。ドウェインは製作総指揮も兼任する。同じく製作総指揮を務めるのは、映画『テッド』で主演を務め、ドラマ『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』で製作総指揮を務めるなどマルチな才能を発揮しているマーク・ウォールバーグだ。また、マークと共に『アントラージュ★オレたちのハリウッド』で製作総指揮を務めたスティーヴン・レヴィンソンも名を連ね、レヴィンソンはパイロット版の脚本も手がける。監督は、同じく『アントラージュ〜』でもメガホンを取った、俳優兼監督兼脚本家のピーター・バーグ(映画『コラテラル』『バトルシップ』、ドラマ『シカゴホープ』他)が担う。

ドウェインは、プロレスで名を馳せる前、学生時代はフットボールで華を咲かせていたアスリート。奨学金を得てマイアミ大学でプレーしていたものの、怪我に苦しみプロフットボールの道を断念したという過去を持つ。同作には自伝的要素もあるようだ。

その他には誰がキャスティングされるのか。製作メンバーは、これまでタッグを組んで人気作を生み出してきた豪華マルチタレント勢が揃う。シリーズ化への期待も高まるばかりだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:ドウェイン・"ザ・ロック"・ジョンソン
(c)Megumi Torii/www.HollywoodNewsWire.net



■関連記事
ブレッド・ラトナー監督の新作『ヘラクレス』、主演に"ザ・ロック"が決定!
アカデミー賞生放送中にCGのはずのテッドが登場! そのからくりとは?
『スター・トレック』で役をオファーされたマーク・ウォールバーグ、「セリフが理解できないから」と断っていた!?