末永くお幸せに! - キーラ・ナイトレイとジェイムス・ライトン
 - 写真:Splash/アフロ

写真拡大

 映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズや『アンナ・カレーニナ』のキーラ・ナイトレイが、イギリスのロックバンド・クラクソンズのキーボード担当ジェイムス・ライトンと現地時間5月4日に結婚したことがわかった。

 南フランス・マザンの市役所で4日に執り行われた式は、二人の家族やクラクソンズのメンバーなど11名が出席したささやかなものになったという。その後、キーラの家族が所有するワイン醸造用のブドウ園でパーティーが行われ、モデルで女優のシエナ・ミラーを含む50名ほどの親しい友人が招かれたとのこと。

 キーラのウエディングドレスは丈の短いストラップレスで、シャネルのデザイナーであるカール・ラガーフェルドがデザインしたものと思われる。薄ピンクのフラットシューズにショートジャケット姿で、頭にはかわいらしい花輪を付けていた。関係者は「心を動かされるような結婚式でした。キーラも感激していたようで、うれし涙を流していましたよ」とMailOnline.comにコメントしている。

 現在28歳のキーラと29歳のジェイムスは共通の友人アレクサ・チャンの紹介で知り合い、2011年4月より交際をスタートさせたと報じられている。2012年5月には婚約しており、それから1年を経ての結婚となった。(BANG Media International)