10分おきの自動計測機能付き

写真拡大

デザインファクトリー(東京・千代田区)は2013年4月30日、人気アイスキャンディー「ガリガリ君」をモチーフにした「携帯型熱中指標計 ガリガリ君 見守りっち」を発売した。価格は、2310円。

「当り」で金色バージョンも

その場の気温と湿度から、日本気象協会独自の計算手法により熱中指標値(WBGT近似値)を算出し、熱中トラブルの危険性を5段階のランクで表示する。熱中指標が「きけん」の時には警戒ブザーが鳴り、熱中トラブルへの注意を喚起し、予防意識の向上を促す。ボタンを押して計測する機能のほか、10分おきの自動計測機能(見守り機能)も付いている。

形状は、アイスキャンディー「ガリガリ君」に見立ててデザインされた。アイスの棒にあたる本体下部のスティックを抜いて「当り」マークが出ると、「金色バージョン」の同製品がもらえる。

サイズは縦83×横42×奥行き18ミリ、重量は23グラム。