齊藤正明氏&常見陽平氏に聞くビジネスサバイバル術 (3) 10年後に残る職業、会社とは?

写真拡大

長引く不況の影響もあり、誰もが知っているような大企業が倒産することも珍しくありません。また、技術革新が進む一方、人間の作業が機械にとってかわることもあり、既存の職業が消滅してしまうことも考えられます。

せっかく入社した会社が倒産しては、路頭に迷ってしまいます。10年後にも残る職業や会社を見分ける方法はあるのでしょうか。数々の企業研修やコンサルタントに携わってきた、齊藤正明氏と常見陽平氏にうかがいました。

――この10年間で変化した会社や業種について教えてください。

齊藤氏「今は成熟している時代なので、企業の成長や衰退について、業種はあまり関係ないかもしれません。企業次第というところはありますね。常見さんは、このあたりの問題に詳しいのでは?」

常見氏「難しい問いですね。製造業が危ないといわれても結構ふんばっていますし、『消える』といわれながらがんばっている企業はたくさんあります。また、いろんなことがインターネットに移行すると言われましたが、住宅の購入をネットのみで済ませる人はいないですよね。そういう意味では、世間がいうほど変わっていないのかもしれません。

このように、意外なものが消えていないという事実を見るべきだし、変化のシグナルに気付くことが大事だと思います」

齊藤氏「変化の話で言えば、便利さがあきられてきたように感じませんか? 機能よりもデザインや楽しさが重視されるようになり、ニーズがシフトしていますよね。性能がアップしても価格は据え置きになっていますし、極端な話、『どこでもドア』レベルの画期的なものでないと、爆発的に売れないのではと思います」

常見氏「新しいことをやるといいつつ、50年前と同じ論理なんですよね。そのせいか、ニーズが合致していないのでは? と思うことがあります」

――危ない会社の見分け方はありますか?

常見氏「変なことばかりやり始める会社は危ない傾向があります」

齊藤氏「本業と違うことをやり始めたり、新商品ばかり開発したりするのも、危ない会社の特徴ですよね」

常見氏「そうですね。あとは、人がどんどん辞める会社も危険。これはよく言われていますが、会社の雰囲気が暗いところも業績がよくないことが多いです」

――自分の会社が危ないかどうか、見極めるチェックポイントはありますか?

常見氏「社長がいきなり売り上げについて厳しく言ってきたり、経費に厳しくなってきたりすると危険ですね」

齊藤氏「そういうときは、取引銀行の動きをみるといいかもしれません」

常見氏「数字に敏感になることで、見えてくるものは多い。世の中がどうなっているのか、興味を持つといいですね。

自社の動きで言えば、売り上げの構成を把握することも重要なこと。ひとつの取引先や分野に依存していると、その会社の経営が傾いたときに共倒れしてしまいます」

――会社が危ないと気付いたら、どのようにすればいいでしょうか?

齊藤氏「もちろん、逃げる用意も必要ですが、準備している段階で会社がなくなってしまうことがないとはいえません。そんなときでも、自分はダメだと悲観的にならないこと。被害者になりすぎないことが重要です。

もし逃げ遅れたとしても、その顛末を見ることは決して無駄なことではありません。修羅場を見ておくと、意外な能力が開花することもありますしね」

常見氏「ダメだと思っても、時間は戻ってこないので、自分の中で意味づけしておくといいですよね。

現実的な話をすると、もしものときに備えて年収の2倍は預貯金しておきましょう。新入社員の方はすぐにそれだけの額を蓄えるのは難しいかもしれないので、まずは100万円を貯めることを目標にするといいですね。

自由に振る舞っているように見える人こそ、お金を持っているもの。どんなときでもお金は必要ですから、預貯金の習慣はつけたほうがいいですね」